自民党を狼狽させたあの大物教授が警鐘! 9条に自衛隊の活動を書き込む「ポジティヴリスト」の危うさ

朝日新聞出版の本

2018/06/19 07:00

 1年越しの「モリカケ問題」でうんざり感の漂う国会。なかったはずの財務省文書や交渉記録が次々明かされ「憲法改正どころじゃない!」と与党から冷めた声が聞かれる一方、リベラルの一部からは独自の「立憲的改憲」なる案が検討されている。しかし、憲法学者からは疑問の声が挙がっている。

あわせて読みたい

  • 古賀茂明「2020年 安倍改正案は“加憲”ではなく“壊憲”」
    筆者の顔写真

    古賀茂明

    古賀茂明「2020年 安倍改正案は“加憲”ではなく“壊憲”」

    dot.

    5/15

    日本国憲法・3年以内の改憲は「困難」(1)~気鋭の憲法学者8人に聞く

    日本国憲法・3年以内の改憲は「困難」(1)~気鋭の憲法学者8人に聞く

    AERA

    5/3

  • 日本国憲法・3年以内の改憲は「困難」(2)~憲法学者8人への質問と回答

    日本国憲法・3年以内の改憲は「困難」(2)~憲法学者8人への質問と回答

    AERA

    5/3

    山尾志桜里「安倍首相は不誠実。石破氏の方が議論できる」自民改憲案に反発

    山尾志桜里「安倍首相は不誠実。石破氏の方が議論できる」自民改憲案に反発

    dot.

    9/21

  • 立憲・枝野代表、実は「改憲」派 “排除”した過去も…

    立憲・枝野代表、実は「改憲」派 “排除”した過去も…

    週刊朝日

    11/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す