いまとはまるで違う50年前の「銀座」 ひた走る路面電車と空を覆う架線 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

いまとはまるで違う50年前の「銀座」 ひた走る路面電車と空を覆う架線

連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」

このエントリーをはてなブックマークに追加
諸河久dot.#アサヒカメラ
東京・銀座四丁目の交差点付近。都電が縦横に走るこの交差点は、いまも昔もランドマークとして人が集まった(撮影・諸河久:1963年4月29日)

東京・銀座四丁目の交差点付近。都電が縦横に走るこの交差点は、いまも昔もランドマークとして人が集まった(撮影・諸河久:1963年4月29日)

現在の銀座四丁目の交差点(撮影・井上和典/AERAdot. 編集部)

現在の銀座四丁目の交差点(撮影・井上和典/AERAdot. 編集部)

 写真は、銀座四丁目の京橋方の停留所から新橋の方角を撮影した。銀座二丁目で折り返し五反田駅前に向う4系統と、新橋で折り返してきた南千住行きの22系統が行き交う。華やかな銀座の空に張り巡らされる架線も、どこか懐かしい。交差点左側の銀座五丁目角は、ビール党の殿堂「サッポロビヤホール」。ビールを楽しんだあと、都電に揺られて家路につく優雅な「左党」も多かっただろう。後年、ここは高層建築に建て替えられ「ニッサンギャラリー」として銀座のランドマークの一つとなった。

■撮影:1963年4月29日

◯諸河 久(もろかわ・ひさし)
1947年生まれ。東京都出身。写真家。日本大学経済学部、東京写真専門学院(現・東京ビジュアルアーツ)卒業。鉄道雑誌のスタッフを経てフリーカメラマンに。「諸河 久フォト・オフィス」を主宰。公益社団法人「日本写真家協会」会員、「桜門鉄遊会」代表幹事。著書に「オリエント・エクスプレス」(保育社)、「都電の消えた街」(大正出版)「モノクロームの東京都電」(イカロス出版)など多数


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

諸河久

諸河 久(もろかわ・ひさし)/1947年生まれ。東京都出身。カメラマン。日本大学経済学部、東京写真専門学院(現・東京ビジュアルアーツ)卒業。鉄道雑誌のスタッフを経てフリーカメラマンに。「諸河 久フォト・オフィス」を主宰。公益社団法人「日本写真家協会」会員、「桜門鉄遊会」代表幹事。著書に「オリエント・エクスプレス」(保育社)、「都電の消えた街」(大正出版)「モノクロームの東京都電」(イカロス出版)など多数

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい