5位「あさが来た」3位「あまちゃん」1位は? 矢部万紀子が選ぶ朝ドラベスト5 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

5位「あさが来た」3位「あまちゃん」1位は? 矢部万紀子が選ぶ朝ドラベスト5

このエントリーをはてなブックマークに追加
矢部万紀子dot.#ドラマ

岸和田城を訪れた、「カーネーション」出演当時の尾野真千子さん (c)朝日新聞社

岸和田城を訪れた、「カーネーション」出演当時の尾野真千子さん (c)朝日新聞社

 好視聴率が続くNHKの連続テレビ小説「半分、青い。」(主演・永野芽郁)は、通称、朝ドラの98作品目となる。『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』(ちくま新書)を上梓した矢部万紀子氏がそのベスト5を解説する。

【写真】次期朝ドラ「まんぷく」のヒロインはこの人!

*  *  *
 NHKが毎朝8時から放送しているドラマ。通称、朝ドラ。これを2010年から、連続して見続けている。きっかけは2010年、放送開始時間が15分早まり、午前8時になったことだった。民放の午前8時からのワイドショーに押され、朝ドラは視聴率が下がる一方だったから、時間変更が話題になった。なので、8時スタート「ゲゲゲの女房」を見てみた。何ということでしょう、向井理が出ているではありませんか。

 以来、欠かさず見ている。素敵な俳優ゆえ、ではない。朝ドラが「おてんばの一代記」だからだ。おてんば=型にはまることをよしとしない女子。ヒロインは皆おてんばで、何者かになろうと奮闘していた。その姿に己を重ねたのだ。その中で私の大好きなベスト5をセレクトしたい。

【1位:カーネーション(2011年下期)】

 ヒロイン糸子(尾野真千子)は、コシノ3姉妹を育てた小篠綾子がモデル。だんじり祭りで有名な、岸和田で生まれ育つ。女はつまらない、だんじりも曳けない、商売人にもなれないと小さい頃から悔しがる糸子。ミシンに出合い、洋裁で身を立てていく糸子の物語であるにも関わらず、「カーネーション」は働く女子に「成功せよ」と言わない。「堂々とせよ」と言う。女子へのエールだと思う。

 糸子は戦争で夫を失った後、妻子ある男性と恋に落ちる。朝ドラ史上空前絶後の「ヒロインの不倫」。その恋の切なさも特筆すべきものだが、もう一つ、「戦争」と向き合った作品だったことも強調したい。

 戦争は壮大な徒労でしかないということが、糸子を通して実にきちんと描かれていた。だが衝撃だったのは、戦争で息子を失ったある女性が、息子の「加害」を知る場面が描かれたことだ。描いた脚本家・渡辺あやは、1970年生まれ。戦後25年も経って生まれた女性が加害を描いた。その事実に感動する。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加