TOKIO謝罪会見 全文掲載「山口は何度も何度も同じことしてしまったと。じゃあ次もやるな」(松岡)【前編】 (1/9) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

TOKIO謝罪会見 全文掲載「山口は何度も何度も同じことしてしまったと。じゃあ次もやるな」(松岡)【前編】

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.

会見を開いたTOKIOのメンバー。左から長瀬智也、国分太一、城島茂、松岡昌宏 (撮影/伊ヶ崎忍)

会見を開いたTOKIOのメンバー。左から長瀬智也、国分太一、城島茂、松岡昌宏 (撮影/伊ヶ崎忍)

会見で心境を語る松岡昌宏(右)と城島茂 (撮影/伊ヶ崎忍)

会見で心境を語る松岡昌宏(右)と城島茂 (撮影/伊ヶ崎忍)

会見する長瀬智也(左)、国分太一 (撮影/伊ヶ崎忍)

会見する長瀬智也(左)、国分太一 (撮影/伊ヶ崎忍)

 TOKIOの城島茂(47)、国分太一(43)、松岡昌宏(41)、長瀬智也(39)が2日、都内のホテルで会見し、女子高生に対する強制わいせつ罪で書類送検され、起訴猶予処分となった山口達也(46)の事件ついて涙ながらに謝罪した。

【写真】厳しい言葉で語る松岡に城島は思わず…

 リーダーの城島は冒頭、4月30日夜に5人で事件発覚後、初めて会って話し合ったとき、山口が「TOKIOとジャニーズ事務所を辞めます」と辞表を差し出したことを明かした。

 ただ、その辞表は現在も城島が預かったままで、結論は保留の状態であることも説明した。

 会見は黒いスーツ、黒いネクタイ姿の4人が深々と頭を下げて謝罪する場面から始まり、「どんな質問にも答えます」(松岡)と90分にも及んだ。会見で4人が時に涙を見せながら語った言葉の全文を掲載する。

*  *  *
■4人のメンバーによる説明

城島:本日は皆様、私どものためにわざわざお集まりいただきまして、誠にありがとうございます。TOKIOのリーダー、城島茂です。今回、TOKIOのメンバー、山口達也が犯した事件におきまして、被害に遭われた方、そしてそのご家族の皆様に、TOKIOのメンバーとして心より深くおわび申し上げます。本当に申し訳ございませんでした。

 そして、私たちTOKIOを普段から支えてくださっているファンの皆様、スポンサーの皆様、全ての仕事関係者の皆様に本当に多大なご迷惑をおかけしました。心より深くお詫び申し上げます。申し訳ございません。

 今回の山口の件におきましては、私たちメンバー、全員、深く受け止めております。実際にこれまでに事件発覚後、時間があきましたけども、一刻も早くこのような形でTOKIOとして謝罪と、そして、自分たちの思いを発表しなければという気持ちはあったのですけども、25日の事件発覚後、それから全員が集まったのは、なかなか時間がなかったこともありまして、30日、月曜日の夜でした。その中で5人でいろいろと話し合いまして、そこで山口達也の口から出た言葉が「TOKIOを辞めます」という言葉でした。その言葉は5人の話し合いの中で自然と出たというわけではなく、本人は元々、その決意を固めていたようで、途中で自分のかばんの中から、退職願、辞表を取り出しまして、リーダーである私に託してきました。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい