NHKに見切りをつけた有働アナ、目指すは「第2の池上彰」 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

NHKに見切りをつけた有働アナ、目指すは「第2の池上彰」

このエントリーをはてなブックマークに追加
平田昇二dot.

有働由美子 (c)朝日新聞社

有働由美子 (c)朝日新聞社

池上彰  (c)朝日新聞社

池上彰  (c)朝日新聞社

 NHKの有働由美子アナウンサーが3月31日付で同局を退局したことを発表した。

【写真】有働アナが退職後、目指すとされるキャスターはこちら

 有働アナは「NHK紅白歌合戦」や朝の情報番組「あさイチ」の司会を務めるなど、長年にわたりNHKのエースアナとして活躍してきた。

 その一方で、近年ではフリー転身も取り沙汰され、とくに「あさイチ」の降板が決定した前後には同番組が視聴者から好評を集めていたこともあって注目を集めた。

 そうした中、有働アナは報道各社へのFAXで同局への感謝とともに、『27年間勤めさせていただいたNHKにはたいへん愛着があり、定年までしっかり働き続けようと思っておりましたが、以前から抱いていた、海外での現場取材や興味ある分野の勉強を自分のペースで時間をかけてしたいという思いが捨てきれず、組織を離れる決断をいたしました』と理由を説明。

 今後については、『有働由美子というジャーナリストとしてNHKの番組に参加できるよう精進してまいります』と綴っている。

 スポーツ紙の芸能担当デスクは語る。

「有働アナは幼い頃から新聞記者に憧れ、湾岸戦争をキッカケにテレビの特派員の仕事に興味を抱き、アナウンサーを志望するようになったことを過去に明かしているように、元々、ジャーナリスト志向が強かった。以前から海外の現場取材にも興味があり、実際に07年にはアメリカ総局へ異動し、NHKとしては初めてアナウンサー職のまま特派員になっていますからね。いちジャーナリストとして海外も含めて活動していきたいというのはまさに本心でしょう」

 交際が一部で報じられていた5歳年下の実業家との結婚の予定はないという。

「円満退社と表向きはなっていますが、有働さんが辞めるという噂は昨年末頃から局内で出ていた。有働さんはアナウンサーとして現場を続けたいという希望を持っていたが、上層部から管理職ポストを打診され、NHKに見切りをつけ、決意を固めたのではないかと言われています」(NHK関係者)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい