18歳で足を失ったパラリンピック日本代表 友人の見舞いを拒否し続け…

平昌五輪

2018/03/10 11:30

 3月9日に開幕する「平昌パラリンピック」に出場するパラアイスホッケー日本代表の安中幹雄選手(46)は、18歳のときに発症した、若年性がんによって右足を失った。2006年のトリノ大会から出場し、2010年のバンクーバー大会では銀メダルを獲得している。

あわせて読みたい

  • パラ親善大使、香取慎吾「金メダルも期待、パラリンピックの熱量を感じてほしい」

    パラ親善大使、香取慎吾「金メダルも期待、パラリンピックの熱量を感じてほしい」

    AERA

    7/31

    香取、草なぎ、稲垣が台風の中、オリパライベントに登場「愛に包まれて…」と語る

    香取、草なぎ、稲垣が台風の中、オリパライベントに登場「愛に包まれて…」と語る

    週刊朝日

    9/29

  • 15歳で右足切断を決意… 担当医師が明かす小児がんと闘ったアイドルの素顔

    15歳で右足切断を決意… 担当医師が明かす小児がんと闘ったアイドルの素顔

    dot.

    2/24

    片足を失っても… 小児がんと闘ったアイドル・木村唯さんの才能

    片足を失っても… 小児がんと闘ったアイドル・木村唯さんの才能

    dot.

    11/30

  • 小児がんで右足切断…18歳でこの世を去ったアイドルの親友が明かす素顔

    小児がんで右足切断…18歳でこの世を去ったアイドルの親友が明かす素顔

    dot.

    12/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す