「朝の顔」に選ばれる女子アナ…抜擢のワケは頼りなさにあり!? (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「朝の顔」に選ばれる女子アナ…抜擢のワケは頼りなさにあり!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山ひろしdot.
日本テレビ・水卜麻美アナ (c)朝日新聞社

日本テレビ・水卜麻美アナ (c)朝日新聞社

 3月1日に行われたNHKの定例会長会見で、同局の上田良一会長が放送中の情報番組「あさイチ」(月~金・午前8時15分)について言及した。4月からお笑いコンビの博多華丸・大吉と近江友里恵アナ(29)がキャスターを務めることは発表されたばかりだが、3月いっぱいで降板する井ノ原快彦と有働由美子アナについて「長期間にわたって素晴らしい番組を作って頂いた2人には感謝をしております」と語る一方、新キャスターに就任した3人については「それぞれの個性を生かして、新たな魅力のある番組になればいい」と期待を膨らませた。

【写真】近江アナだけじゃない!NHKが誇る美人アナ “ポスト有働”はこの人も?

 「あさイチ」が放送されている午前8時台は情報番組の激戦区。そんな中、キャスターを務める女子アナはまさに「朝の顔」であり、出世コースの1つと言っても過言ではない。4月から就任する近江アナも、人気バラエティー番組「ブラタモリ」(NHK総合)からの“異動”で、期待値の高さがうかがえる。一方で、最近の朝の情報番組に抜擢される女子アナにはある傾向がある。テレビ情報誌の編集者によると「意外とドジで頼りない部分もある人が多い」と言うのだ。

「『ブラタモリ』では、タモリとのユーモアあるやり取りが評判だった近江アナですが、おっちょこちょいな一面も。例えば、2016年6月に放送された『おはよう日本』。この日、近江アナは前にリボンが付いたブラウスを着て出演したのですが、SNSで『ブラウスの後ろと前が逆なのでは?』という疑問の声が多数あがったんです。ネット上でカタログを参考に検証が行われ、実際、逆に着ていたことが判明。その後、NHKも『本人がうっかり間違えて着てしまいました』と認めていましたね」

 服を前後逆に着たままテレビ出演とは、ある意味、親近感が湧いた視聴者は多いかもしれないが、本人にとってみれば恥ずかしい失敗だろう。さらに民放では、「スッキリ」(日本テレビ系、月~金・午前8時)の水卜麻美アナ(30)が同じタイプに入るようだ。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい