あの日、津波に流された母を想う 女性医師が考える「死生観」とは

がん

2018/03/11 07:00

 あの日、父(石木幹人医師)が院長を務めていた岩手県立高田病院は津波で被災し、父とともに現地で暮らしていた母は、津波に流された――。

あわせて読みたい

  • 「人が死んでいく過程を子どもにも見せてほしい」 辣腕救急医が語る「死生観」

    「人が死んでいく過程を子どもにも見せてほしい」 辣腕救急医が語る「死生観」

    dot.

    3/9

    「寝たきりはイヤ」ドクターG・林寛之医師が実父のためにしたこととは

    「寝たきりはイヤ」ドクターG・林寛之医師が実父のためにしたこととは

    dot.

    3/10

  • “出前医者”が語る死生観 「孤独死はマスコミの報道が良くない」のワケ

    “出前医者”が語る死生観 「孤独死はマスコミの報道が良くない」のワケ

    週刊朝日

    7/2

    なぜ、在宅死がいいのか? 専門医らに聞いた「病院にはない死のあり方」

    なぜ、在宅死がいいのか? 専門医らに聞いた「病院にはない死のあり方」

    週刊朝日

    2/23

  • 自宅で死ねない理由 「ここで死なれたら面倒くさい」と家族が思うから?

    自宅で死ねない理由 「ここで死なれたら面倒くさい」と家族が思うから?

    週刊朝日

    12/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す