金持ちになりたいなら、お父さんの「こづかい」は減らすな!

朝日新聞出版の本

2018/03/15 16:00

お父さんのこづかいを減らさない方がいい理由とは?(※イメージ写真)
お父さんのこづかいを減らさない方がいい理由とは?(※イメージ写真)
【お金の教養】お父さんの「こづかい」を“投資”と考える。(『お父さんの「こづかい」は減らすな!』から)
【お金の教養】お父さんの「こづかい」を“投資”と考える。(『お父さんの「こづかい」は減らすな!』から)

 景気回復をなかなか実感できないなかで、お父さんのこづかいを減らしてさらなる緊縮財政を進めている家庭も多いようです。しかし、日本最大級のマネースクールであるファイナンシャルアカデミーの代表・泉正人さんは、「それでは反対に貧乏になる」と主張します。先頃『お父さんの「こづかい」は減らすな!』(朝日新聞出版)を出版した泉さんに、こづかいを減らしてはいけない理由を解説してもらいました。

【本でも紹介した「お金の教養」はこちら】

*  *  *
 新生銀行の「2016年サラリーマンのお小遣い調査」によれば、2007年に平均月額4万9736円だったお父さんのこづかいは、2016年には3万7873円となり、9年間で1万円以上ダウンしています。これを「家計が厳しいからしょうがない」と考えてよいものでしょうか? 私はそうは思えません。なぜなら、こづかいを減らすことで、5年後の収入が減ってしまうからです。

 子どもの教育を例に考えてみます。例えば、あなたに小学生の子どもがいるとしたら、どのような教育を受けさせるでしょうか。

 健康増進を図るために野球や水泳のようなスポーツを習わせるかもしれません。感性を豊かにするためにピアノや絵画の教室に通わせたりすることもあるでしょう。塾や英語教室、プログラミング教室に通わせることも一般的になりつつあります。習い事だけで1カ月に10万円近くの費用をかけている家庭もあるようです。

 もちろん習い事だけではなく、小・中・高・大学と学校に通わせて子どもに教育を施します。どんな学校に行くかによって教育費は変わってきますが、例えば小学校から大学まで私立の学校に通った場合、教育費の総額は2000万円を超えると言われます。

 なぜこれほどまでに教育費をかけるのか。それはもちろん子どもの将来のためですが、もっと具体的にいえば、リターンを期待しているからです。たくさんの教育費をかければその分だけ、子どもが良い会社に入ったり専門家になったりして、たくさんお金を稼げる職業に就く可能性が高まる、と考えているのです。つまり教育費は、子どもの将来のリターンに対する投資です。

 ではお父さんに戻って考えてみましょう。良い仕事をしてたくさんお金を稼ぎたいという目的は、お父さんも一緒です。しかし、お父さんに対して将来のリターンにつながる投資を行っているでしょうか。おそらく、ほとんど何も投資していないという家庭も多いのではないでしょうか。

1 2

あわせて読みたい

  • 教育ローン支払い月15万円…「世界一働いても貧困」日本のシングルマザー

    教育ローン支払い月15万円…「世界一働いても貧困」日本のシングルマザー

    AERA

    2/20

    子どもの「お金のやりくり力」を鍛える「KANRI箱」4つのメリット

    子どもの「お金のやりくり力」を鍛える「KANRI箱」4つのメリット

    AERA

    12/28

  • 18歳からローンが組める時代だからこそ! 子どもに金銭感覚をつける4つの方法

    18歳からローンが組める時代だからこそ! 子どもに金銭感覚をつける4つの方法

    AERA

    8/9

    教育費ピークと定年が重なる危機…乗り越えられる貯蓄法とは?

    教育費ピークと定年が重なる危機…乗り越えられる貯蓄法とは?

    AERA

    10/28

  • 月収15万円のシングルマザー、毎月4.5万円を投資&貯金できる理由

    月収15万円のシングルマザー、毎月4.5万円を投資&貯金できる理由

    ダイヤモンド・オンライン

    7/28

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す