西武が黄金期のエキスを注入…異例な練習メニューの“意味”

2018/02/26 16:00

 攻守にソツのない緻密な野球で1980年代から90年代にかけ、計13度のリーグ優勝を果たしている西武にとって、直近の優勝は10年前の2008年。長らく遠ざかっている覇権奪回へ向け、かつての黄金期を知る指揮官が随所にそのエキスを注入している。

あわせて読みたい

  • 凡打が「最高のプレー」 公立の明石商が見せた“準備力”のすごみ

    凡打が「最高のプレー」 公立の明石商が見せた“準備力”のすごみ

    dot.

    8/21

    ああ勘違い!阪神のリリーフカーがスゴスゴ引き返す…【プロ野球B級ニュース事件簿】

    ああ勘違い!阪神のリリーフカーがスゴスゴ引き返す…【プロ野球B級ニュース事件簿】

    dot.

    12/20

  • ソフトバンクを頂上決戦に導いた「5つの局面」【喜瀬雅則】

    ソフトバンクを頂上決戦に導いた「5つの局面」【喜瀬雅則】

    dot.

    10/16

    「何で俺に白星つくの?」 巨人の投手が手にした“ややこしすぎる一勝”

    「何で俺に白星つくの?」 巨人の投手が手にした“ややこしすぎる一勝”

    dot.

    6/20

  • バントで3ラン、まさかの三重殺…本当にあった“とんでもエラー”【久保田龍雄】

    バントで3ラン、まさかの三重殺…本当にあった“とんでもエラー”【久保田龍雄】

    dot.

    11/23

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す