松井稼頭央は復帰したが…主力が次々に流出する西武「憂いのFA史」

2018/01/31 16:00

 日本球界にFA制度が導入されたのは1993年のオフ。以降、幾多の選手が古巣に別れを告げて新天地へと旅立ったが、その中で最も“流出”が多い球団が西武である。改めて、その“憂いのFA史”を振り返ってみたい。

あわせて読みたい

  • 主力での活躍はわずか2年…歴代FA選手の“移籍後”を検証した

    主力での活躍はわずか2年…歴代FA選手の“移籍後”を検証した

    dot.

    12/16

    新井貴浩、黒田博樹…古巣に出戻って活躍した選手列伝

    新井貴浩、黒田博樹…古巣に出戻って活躍した選手列伝

    dot.

    3/2

  • 糸井は阪神移籍で長打が増える? FAで成功した選手、失敗した選手

    糸井は阪神移籍で長打が増える? FAで成功した選手、失敗した選手

    dot.

    12/5

    来オフのメジャー争奪戦になりそうな意外な日本人選手とは?

    来オフのメジャー争奪戦になりそうな意外な日本人選手とは?

    dot.

    1/6

  • 巨人・坂本は「歴代最高」の遊撃手か? 松井稼、豊田、野村ら名選手と比較する

    巨人・坂本は「歴代最高」の遊撃手か? 松井稼、豊田、野村ら名選手と比較する

    dot.

    5/26

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す