安室ら大物ゲストの“尺の穴埋め”まで託されていたウッチャン (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

安室ら大物ゲストの“尺の穴埋め”まで託されていたウッチャン

このエントリーをはてなブックマークに追加
平田昇二dot.
今年9月での引退を発表している安室奈美恵さん(写真提供:avex)

今年9月での引退を発表している安室奈美恵さん(写真提供:avex)

紅白歌合戦で総合司会を務めた内村光良さんの“神対応”も話題に (c)朝日新聞社

紅白歌合戦で総合司会を務めた内村光良さんの“神対応”も話題に (c)朝日新聞社

 そんな内村だが、じつは今回の「紅白」の舞台裏ではさらなる“神対応”もしていたという。

「紅白」といえば、本番直前ギリギリまで大物アーティストと出演交渉をすることは広く知られている。

 一方で、仮に交渉中の大物アーティストの出演がかなわなくても、決められた放送時間内でキッチリと番組が成立するように演出上の対策も事前に練られるそうで、「一昨年はギリギリまで交渉した『SMAP』の出演がかなわなかったことで、タモリさんとマツコ・デラックスさんによる“掛け合い”でそのぶんの時間を埋める形になりました」とはスポーツ紙のデスク。

 そのうえで、こう続ける。

「昨年の『紅白』についても、結果的に目玉の一つである安室さんの出演はかないましたが、当初は、仮に安室さんとの出演交渉が上手くいかなかったり、交渉成立前に番組サイドが想定していた“尺”を満たさなかった場合、総合司会の内村さんの力を借り、トークやパフォーマンスなどで調整するという方向になっていて、内村さん本人も了承していたそうです」(同スポーツ紙デスク)

 内村の八面六臂の活躍が昨年の「紅白」を支えたのは間違いないようだ。(平田昇二)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい