ノーベル賞学者・大隅良典氏が抱く日本への危機感「人と同じところに発見はない」 (3/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ノーベル賞学者・大隅良典氏が抱く日本への危機感「人と同じところに発見はない」

このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木顕dot.##朝日新聞出版の本

おおすみ・よしのり/ 1945年、福岡県生まれ。東京工業大学栄誉教授。東京大学大学院理学系研究科博士号取得。ロックフェラー大学、東京大学、基礎生物学研究所などを経て現職。2016年ノーベル医学生理学賞受賞(撮影/写真部・小原雄輝)

おおすみ・よしのり/ 1945年、福岡県生まれ。東京工業大学栄誉教授。東京大学大学院理学系研究科博士号取得。ロックフェラー大学、東京大学、基礎生物学研究所などを経て現職。2016年ノーベル医学生理学賞受賞(撮影/写真部・小原雄輝)

大隅栄誉教授の研究室(撮影/写真部・小原雄輝)

大隅栄誉教授の研究室(撮影/写真部・小原雄輝)

国公立大学 by AERA 2018 (AERAムック)

(朝日新聞出版)

978-4022791689

amazonamazon.co.jp

 これから学問を志す学生には、知的好奇心を大切にしてほしいと、大隅さんは語る。

「私のオートファジー研究のモチベーションは、『がんの研究につながるかもしれない』というところにはありませんでした。起きている現象が知りたいという、純粋な知的好奇心です。これから研究者を目指す学生も、やる気さえあれば、知的好奇心を満たすことは間違いなくできます。疑問に思ったことに、解けるまでとことん付き合ってみようという姿勢が大事だと思います」

(アエラムック教育編集部・鈴木顕)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい