AERA dot.

期待を裏切ったのは松坂だけじゃない!【ワーストナイン パ・リーグ編】

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.

前ソフトバンク・松坂(c)朝日新聞社

前ソフトバンク・松坂(c)朝日新聞社

 大きな飛躍を遂げた選手がいた一方で、不振に喘ぎ、首脳陣、ファンの期待を裏切った選手たちも数多くいる。実績のある選手、高い給料をもらっている選手が活躍できなければ、その分、風当たりは強い。セ・パのリーグ別に、2017年の“ワーストナイン”を選出しよう!今回はパ・リーグ編だ。

<投手>
■松坂大輔(ソフトバンク)
3年12億円の大型契約の最終年。オフのウインターリーグ参戦から春季キャンプでも精力的に投げ込み、開幕直前の3月25日のオープン戦・広島戦(ヤフオクドーム)では7回を無安打無失点の快投を披露。復活へ期待を膨らませたが、その後は右肩痛によって再びリハビリ生活に逆戻りし、結局、1軍登板なし。在籍3年間で1軍登板したのは1度のみ。1軍39球12億円(1球当たり約3077万円)で退団となった。他に、3勝11敗、防御率5.09に終わった石川歩(ロッテ)、2軍1試合の登板に終わった田中正義(ソフトバンク)なども候補になるが、費用対効果を鑑みると松坂が断トツのワーストだ。

<捕手>
■大野奨太(日本ハム)
今春のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)メンバーにも選出された実力者だが、今季は83試合出場で打率.221と低迷。しっかりと扇の要として守備面で役割を果たしてくれれば低打率でも文句はないのだが、今季は右肘痛の影響もあって盗塁阻止率.098の常時グリーンライト状態。オフに右肘を手術。FA宣言して再起を図るが、今季に限ってはマイナス面が目についた。

<一塁手>
■中田翔(日本ハム)
「日本の4番」だった男のプロ10年目は、打率.216、16本塁打、67打点で近年最低の成績。12年から座り続けていた4番からも外れ、チームの5位低迷の戦犯のひとりとなった。年俸は2億8000万円から8000万円の大幅ダウン(金額は推定)。当初は既定路線と言われていた阪神へのFA移籍話も立ち消えとなった。

<二塁手>
■川崎宗則(ソフトバンク)
開幕直後にメジャーから6年ぶりに復帰して大きな注目を集めたが、日本一の歓喜の中に姿なし。42試合に出場して放ったヒットは33本あったが、得点圏では打率.069と低迷し、打率.241、0本塁打、4打点のまま、7月末に両アキレス腱痛の治療専念のために登録抹消。9月末に実戦復帰を果たしたが、直後に再びリハビリ行きとなった。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加