高畑充希、ガッキー、菜々緒…意外なコンプレックスが人気女優への原動力だった? (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

高畑充希、ガッキー、菜々緒…意外なコンプレックスが人気女優への原動力だった?

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山ひろしdot.

高畑充希  (c)朝日新聞社

高畑充希  (c)朝日新聞社

「『世界で最も美しい顔100人』に何回もランクインしている桐谷美玲(27)も、さまざまなコンプレックスがあるとか。特に『おでこが出ていること』と『O脚』がコンプレックスで、O脚に関しては内もものストレッチをしたり、脚がスラッと見えるようなポーズを意識したりと、いろいろ考えていると過去に告白しています。コンプレックスを感じている人は、それを克服しようと頑張るのはもちろん、別の部分も伸ばそうとするんです。彼女たちもそんな努力を重ね、さらに女優として魅力が増してきたのでしょう」(同)

 考えてみると、誰でも一つや二つはコンプレックスを持っているもの。それを糧として物事に取り組めば、結果的に大きなプラスになるのかもしれない。(ライター・丸山ひろし)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい