管理職にコミュ障が多い理由とは? 1万人の脳を治療してきた医師が解説

仕事

2017/10/16 07:00

「脳の学校」代表、加藤プラチナクリニック院長でもある、医学博士の加藤俊徳医師の元には、コミュニケーションに問題を抱えている人が多く訪れるといいます。こういった人たちの多くは、優秀で一流の大学をでています。中には将来の管理職候補だけでなく、現役の管理職など、人の上に立つリーダーの人たちもいます。このような、はたから見るとエリートで、悩みなどないように思える人たちが、わざわざ加藤医師のところに、「コミュニケーション障害」いわゆる「コミュ障」の相談に来るのはなぜなのでしょうか?

あわせて読みたい

  •  内心呆れている…というとき、実はあなたの気持ちが表にダダ洩れている表情とは?

    内心呆れている…というとき、実はあなたの気持ちが表にダダ洩れている表情とは?

    ダイヤモンド・オンライン

    3/5

    天才or変わり者? 「10人に1人の脳」を持つ

    天才or変わり者? 「10人に1人の脳」を持つ"左利き"を最新脳科学で解き明かす!

    BOOKSTAND

    11/11

  • 夫婦の「わかり合えない」は当たり前!? 男女脳の違いを知ることで歩み寄りを

    夫婦の「わかり合えない」は当たり前!? 男女脳の違いを知ることで歩み寄りを

    AERA

    9/11

    「マスク世代の子ども」に知能低下リスク?専門家が考える対策とは

    「マスク世代の子ども」に知能低下リスク?専門家が考える対策とは

    ダイヤモンド・オンライン

    10/26

  • コミュ障から脱却するための会話術

    コミュ障から脱却するための会話術

    BOOKSTAND

    9/8

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す