清宮&中村、ホームラン量産できる「打撃技術」を徹底比較した!

2017/09/03 16:00

 今年の高校野球を語る上で一つのキーワードになるのが「ホームラン」である。夏の甲子園では史上最多68本のホームランが飛び交い、あらゆるマスコミでも大きく取り上げられた。そして個人では、高校通算ホームラン記録を更新した清宮幸太郎(早稲田実)と、甲子園一大会最多となる6本塁打を放った中村奨成(広陵)の2人が中心となっていることは間違いない。ともにU-18ベースボールワールドカップ代表に選出され、チームの要を担う存在となっている。10月に行われるドラフト会議に向けて、さらに注目度の高まることが予想されるが、改めて2人がこれだけホームランを打てる理由についてお互いを比較しながら検証したいと思う。

あわせて読みたい

  • 早実・清宮VS履正社・安田  「超高校級スラッガー」を徹底比較した!

    早実・清宮VS履正社・安田  「超高校級スラッガー」を徹底比較した!

    dot.

    4/11

    通算100号HR間近 早実「清宮幸太郎」の本当の評価

    通算100号HR間近 早実「清宮幸太郎」の本当の評価

    週刊朝日

    6/2

  • 清宮、中村率いる侍ジャパンU‐18は本当に「ベストメンバー」なのか?

    清宮、中村率いる侍ジャパンU‐18は本当に「ベストメンバー」なのか?

    dot.

    9/1

    ドラフトの目玉…広陵中村、強肩強打を生かすには「ショート転向」も選択肢か?

    ドラフトの目玉…広陵中村、強肩強打を生かすには「ショート転向」も選択肢か?

    dot.

    10/14

  • 早実・清宮VS.広陵・中村 どっちがすごいか江本・衣笠が辛口採点

    早実・清宮VS.広陵・中村 どっちがすごいか江本・衣笠が辛口採点

    週刊朝日

    9/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す