ハリルJ、W杯出場へ決戦! 強敵豪州を嫌がらせるのは意外な“あの男” (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ハリルJ、W杯出場へ決戦! 強敵豪州を嫌がらせるのは意外な“あの男”

清水英斗dot.
オーストラリア戦の鍵を握る武藤嘉紀(左)(写真:getty Images)

オーストラリア戦の鍵を握る武藤嘉紀(左)(写真:getty Images)

 武藤を含め、FWをどのような組み合わせにするか。これは非常に気になるところだ。最もイメージしやすいのは、ポストプレーヤーの1トップと、飛び出しが得意な両サイドアタッカーの組み合わせだ。1トップがオーストラリアのDFを引きつけ、その裏を狙って外から斜めに飛び出す。この場合の1トップは大迫か、あるいは昨年のオーストラリア戦のように本田を移すか。ただし、どちらもコンディション的に不安はある。

 他の組み合わせとしては、岡崎慎司(レスター/イングランド)や武藤、杉本健勇(セレッソ大阪)のような飛び出し型の1トップを起き、起点作りもできる乾貴士(エイバル/スペイン)、久保裕也(ヘント/ベルギー)、本田などの万能型をサイドプレーヤーに置いて中盤の支配力を高めるか。ただし、オーストラリアのディフェンスラインは高い位置を保つ傾向があるので、前者のほうが縦の速さを出しやすく、相性は良さそうに思える。

 スピードに不安のあるオーストラリアのディフェンスを、どのように突き崩すか。FWの組み合わせを含め、ハリルジャパンの戦術に注目したい。(文・清水英斗)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい