AERA dot.

綾瀬はるか、「アクション女優」としての魅力 ストイックすぎる稽古も…

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山ひろしdot.

綾瀬はるか (c)朝日新聞社

綾瀬はるか (c)朝日新聞社

 女優の綾瀬はるか(32)が、10月スタートのドラマ「奥様は、取り扱い注意」(日本テレビ系)で主演を務めることがわかった。同ドラマは、フジテレビ系の連ドラ「SP 警視庁警備部警護課第四係」や「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」などを手掛けた金城一紀氏が原案・脚本を担当。ホームドラマとアクションを融合させたような作品になるそうで、綾瀬は並外れた正義感を持ち、怒らせると凶暴になってしまう主婦を演じる。

 「奥様は、取り扱い注意」はアクションシーンも見どころで、綾瀬は3カ月前からアクション稽古にいそしんでいるという。自身曰く、ドラマについて「クスッと笑えるところもあるし、悪いやつをやっつけるアクションでスカッとするところもあったり、いろいろ見どころが詰まった作品」だそう。一方、綾瀬といえば天然な性格で、おっとりした癒やし系という印象も強い。悪人をバトルで懲らしめるという姿があまり想像できないが、そんなイメージとは裏腹に、実は綾瀬はアクションも得意なのだという。

「3年越しの放送予定で2016年からスタートした、NHK大河ファンタジードラマ『精霊の守り人』で主演を務める綾瀬は、短槍使いの女用心棒・バルサという腕っ節の強さが前面に出た役を演じています。アクションシーンでは槍を使って迫力のある戦闘を繰り広げて話題になりました。このドラマは上橋菜穂子氏のファンタジー小説をドラマ化したもので、始まる前はSNS上で原作のファンから、『バルサは綾瀬はるかじゃない』という批判もあったんです。でも、いざドラマがスタートすると、綾瀬のダイナミックな立ち回りに『すごい!』『バルサだった!』と絶賛する声が殺到しました。他にも、『座頭市』の設定を女性に変えた主演映画『ICHI』(2008年公開)では、勝新太郎さんの『座頭市』で殺陣を担当していた久世浩氏から指導を受けていましたし、力は持っているはずです」(スポーツ紙の芸能担当記者)

 さらに、アクションシーンに備えた特訓もかなりストイックだったという。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加