T-BOLAN復活 くも膜下出血で倒れたベースを舞台に立たせるプロジェクトとは? (2/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

T-BOLAN復活 くも膜下出血で倒れたベースを舞台に立たせるプロジェクトとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
神舘和典dot.
T-BOLAN(撮影/写真部・小原雄輝)

T-BOLAN(撮影/写真部・小原雄輝)

 森友が訊いても反応は鈍い。ところが、上野は病気の後遺症で開き切らない口で確かに言った。

「ステージに立ちたい」

 そのひと言が、T-BOLAN復活へのスタートとなった。

「上野の復活の場、俺たち3人で用意する! 1曲でもいいから演奏できる体を取り戻してくれ」

 森友は約束をした。食事会が2016年の2月。メンバーはすぐに動いた。12月31日、豊洲PITでT-BOLANカウントダウンライブを行い、上野を復活させることが目標。そこから逆算するかたちで、全員が動き始めた。

 ベーシストとしての上野のリハビリの相手は、ギタリストの五味が引き受けた。ギターとベースはともに弦楽器。指の動きを取り戻すには何よりのパートナーだ。

「実は、上野が入院しているときに1度、病院の談話室でベースを持たせてみました。そのとき、おぼつかないものの、指が動いたんです。もちろん病気の前のようなわけにはいきません。リズムはずれていました。でも、弾けたんです」
 五味は上野のその姿に希望を見た。上野は自宅で練習を重ね、2週間に1度は五味の家の近くのスタジオで4人で音を出した。一歩ずつだが、指は動くようになっていく。

「上野、12月31日のライヴ準備は進んでいるから、無理はしないで、お前の力で戻れるところまで戻してくれ」

 森友は折々上野に激励した。

 12月31日、豊洲PIT。ついに4人が同じステージに立つ。

「上野はね、後遺症に苦しんでいるのに、ベースを持つとしっかりするんですよ。楽器があるときとないときは別人です。ベースを抱えたときの上野には力を感じる。やっぱりミュージシャンなんです」

 ステージ上の上野の姿に、森友はこみあげてくるものを必死で抑えた。

「まさか上野が復活するとは。リハの時から、泣きそうでした。僕は上野が1曲も弾けなくてもいいと思っていたんです。ステージに立つだけでも奇跡だから。会場に来るだけでも奇跡だから」


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

あわせて読みたい あわせて読みたい