AERA dot.

ラリー遠田「ビートたけしも認めた芸人・千鳥が東京で低迷期を脱した理由」

連載「道理で笑える ラリー遠田」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ラリー遠田dot.#ラリー遠田#道理で笑える

千鳥 (c)朝日新聞社

ラリー遠田(らりー・とおだ)/作家・ライター、お笑い評論家。お笑いWEBメディア『オモプラッタ』の編集長を務める。『イロモンガール』(白泉社)の漫画原作、『逆襲する山里亮太』(双葉社)、 『なぜ、とんねるずとダウンタウンは仲が悪いと言われるのか?』(コア新書)など著書多数。http://owa-writer.com/blog/

千鳥 (c)朝日新聞社

ラリー遠田(らりー・とおだ)/作家・ライター、お笑い評論家。お笑いWEBメディア『オモプラッタ』の編集長を務める。『イロモンガール』(白泉社)の漫画原作、『逆襲する山里亮太』(双葉社)、 『なぜ、とんねるずとダウンタウンは仲が悪いと言われるのか?』(コア新書)など著書多数。http://owa-writer.com/blog/

 最近、テレビで千鳥の2人を見かけることが増えてきた。ここ数年、長い長い低迷期を過ごしてきた彼らのこれまでのことを思うと感慨深いものがある。大悟とノブの2人からなる千鳥はもともと大阪を拠点に活動していた。大阪ではレギュラー番組10本以上を抱える人気ぶりだったのだが、2012年にはそれらのほとんどを捨てて、東京に進出してきた。

 しかし、東京で彼らの致命的な弱点が露呈してしまった。それは、東京の仕事で必要以上に身構えてしまう、ということだった。大阪では売れっ子だった彼らも、東京ではほとんど知られていない。2人とも全国ネットのテレビ収録では緊張してしまい、持ち味を出しきれないことが多かった。

 2011年から2013年にかけて『THE MANZAI(ザ・マンザイ)』(フジテレビ系)という漫才コンテスト番組で3年連続で決勝に進み、最終3組にまで残ったが、惜しくも優勝は逃した。2012年には当時の若手の登竜門と言われていた『ピカルの定理』(フジテレビ)に新レギュラーとして加わった。しかし、この番組は2013年に終了を迎えてしまった。平成ノブシコブシ、ピース、渡辺直美はこの番組をきっかけに大きく羽ばたいていったが、千鳥だけは鳴かず飛ばずだった。

 2014年には、先輩芸人である東野幸治が東京でくすぶっている千鳥の2人を案じて、『アメトーーク!』(テレビ朝日)で「帰ろか…千鳥」という企画を行ったこともあった。東野は彼らに対して「もう大阪に帰ったほうがいいのでは……」と手厳しい助言を送っていた。

 そんな彼らが復調するきっかけとなったのが、2014年にテレビ埼玉で始まった『いろはに千鳥』という番組だ。千鳥は大阪時代から「ロケの達人」として知られていた。大阪の街角を歩いて、一般人と触れ合うようなロケ企画では、そのポテンシャルを自然に発揮できることが多かったのだ。『いろはに千鳥』では、2人が埼玉各地に出向いて、のびのびとはしゃぎ回ったり、一般人と親しげに話したり、スタッフに不満をぶつけたりする。その飾らない自然体の姿が面白かった。東京のスタジオ収録の番組では硬くなっていた2人が、東京に来てから初めて持ち味を出した瞬間だった。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

   ラリー遠田 , 道理で笑える をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加