日野原重明さんが在りし日に語った「健康法3つの基本」

シニア

2017/07/19 15:42

 18日に呼吸不全で亡くなった聖路加国際病院名誉院長の日野原重明さん。105歳だった。ベストセラーとなった自著『生きかた上手』をはじめ、これまで多くの言葉を残してきた。医療従事者向けの医療誌「メディカル朝日」では、日野原さんが96歳だった2007年にインタビュー記事を掲載。ボランティア活動に関する事項を中心に、健康とはかくあるべきか、日常診察のヒントなど、幅広く語っていた。

あわせて読みたい

  • 「若い人のできることは何でもやろうと」日野原重明90歳のときの言葉

    「若い人のできることは何でもやろうと」日野原重明90歳のときの言葉

    週刊朝日

    5/19

    1度でもかかれば「かかりつけ医」なのか? 国は「かかりつけ医」推奨も、国民「定義がわからない」 

    1度でもかかれば「かかりつけ医」なのか? 国は「かかりつけ医」推奨も、国民「定義がわからない」 

    dot.

    10/20

  • その「サプリ」は信頼できる? “科学的根拠”のある選び方とは

    その「サプリ」は信頼できる? “科学的根拠”のある選び方とは

    週刊朝日

    10/19

    感動ポルノ、就活ネタ作り…GWに被災地へ殺到する「モンスターボランティア」

    感動ポルノ、就活ネタ作り…GWに被災地へ殺到する「モンスターボランティア」

    dot.

    4/29

  • 樋田容疑者と行動を共にした男性が会見 「温泉でもタトゥーを隠していた」 逃亡劇の真相を全文掲載

    樋田容疑者と行動を共にした男性が会見 「温泉でもタトゥーを隠していた」 逃亡劇の真相を全文掲載

    dot.

    10/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す