米国議員視察団に辺野古座り込み抗議を見せない思惑とは? “国際弁護士”猿田佐世

不都合な日米の真実

不都合な日米の真実

2017/07/18 10:22

 ワシントンにきている。主たる目的は、沖縄で進められている辺野古の基地建設に反対する沖縄の人々の声を伝えることである。私が事務局長を務める新外交イニシアティブ(ND)では過去3年の研究の成果を踏まえ、この2月に日本で「今こそ辺野古に代わる選択を -NDからの提言-」という報告書を発表した。これをワシントンにおいてもシンポジウムで発表し、また、連邦議会関係者や専門家を回って説明する、という行程である。

あわせて読みたい

  • “国際弁護士”猿田佐世「トランプ大統領になっても日米が何も変わらない理由」
    筆者の顔写真

    猿田佐世

    “国際弁護士”猿田佐世「トランプ大統領になっても日米が何も変わらない理由」

    dot.

    5/26

    来年は選挙イヤー 翁長知事ら「オール沖縄」は安倍政権に勝てるのか?
    筆者の顔写真

    猿田佐世

    来年は選挙イヤー 翁長知事ら「オール沖縄」は安倍政権に勝てるのか?

    dot.

    12/7

  • 「トランプ政権下の国務省・国防総省はスカスカだった」“国際弁護士”猿田佐世
    筆者の顔写真

    猿田佐世

    「トランプ政権下の国務省・国防総省はスカスカだった」“国際弁護士”猿田佐世

    dot.

    7/24

    沖縄につながるか? 米議会がいま、米軍再編を再検証したい理由

    沖縄につながるか? 米議会がいま、米軍再編を再検証したい理由

    週刊朝日

    9/14

  • 翁長知事の遺産と辺野古埋め立て承認撤回で沖縄県がやるべきこと

    翁長知事の遺産と辺野古埋め立て承認撤回で沖縄県がやるべきこと

    dot.

    8/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す