西の医師は東に来ない? 医学部多いのに首都圏で医師不足が続く理由

朝日新聞出版の本

2017/06/06 07:00

 東京を中心に首都圏には多くの医学部があるにもかかわらず、医師不足が続いている。現役の医師であり、東京大学医科学研究所を経て医療ガバナンス研究所を主宰する上昌広氏は、著書『病院は東京から破綻する』で、改善されない首都圏の医師不足の問題点を指摘している。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す