AERA dot.

高田純次が賞賛したラジオDJ・秀島史香の“いい空気”のつくり方

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 )

秀島史香(ひでしま・ふみか)/ラジオDJ、ナレーター。1975年、神奈川県茅ケ崎市生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。大学在学中にラジオDJデビュー。J-WAVE『GROOVE LINE』、NHKラジオ『英語で読む村上春樹』のほか、NHK総合『着信御礼!ケータイ大喜利』などのテレビ番組にも出演。映画、テレビ、CM、アニメなどのナレーション、美術館音声ガイド、機内放送など活動は多岐にわたる。J-WAVE SPECIAL『VERMEER, 37 STORIES~光の王国~』で第49回ギャラクシー賞『ラジオ部門選奨』受賞。現在Fm yokohama『SHONAN by the Sea』、JFN系列局『Pleaseテルミー!マニアックさん。いらっしゃ~い!』に出演中

秀島史香(ひでしま・ふみか)/ラジオDJ、ナレーター。1975年、神奈川県茅ケ崎市生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。大学在学中にラジオDJデビュー。J-WAVE『GROOVE LINE』、NHKラジオ『英語で読む村上春樹』のほか、NHK総合『着信御礼!ケータイ大喜利』などのテレビ番組にも出演。映画、テレビ、CM、アニメなどのナレーション、美術館音声ガイド、機内放送など活動は多岐にわたる。J-WAVE SPECIAL『VERMEER, 37 STORIES~光の王国~』で第49回ギャラクシー賞『ラジオ部門選奨』受賞。現在Fm yokohama『SHONAN by the Sea』、JFN系列局『Pleaseテルミー!マニアックさん。いらっしゃ~い!』に出演中

 デビューから約20年、ラジオの第一線で活躍してきたラジオDJ・秀島史香さん。1年の間に少なくとも300人近くの人とマイクの前で話をしてきた、いわば会話のプロだ。

3月に初の著書『いい空気を一瞬でつくる 誰とでも会話がはずむ42の法則』(朝日新聞出版)を上梓した秀島さんに、明日からでも使える“初対面の会話術”を聞いた。

■初対面でも誰だって“いい空気”がつくれる

「会話をするうえで『大切なことはこれだ!』と一言で表すとしたら、いかに相手と自分にとって『いい空気』をつくるか。初対面の相手にも受け入れてもらえる空気、心の距離を縮める空気、緊張する自分を落ち着かせるための空気……それさえつくれればお互いの心の壁は溶けて、会話はおのずとはずみます」

 と語る秀島さん。「いい空気」といってもそれは生来の人柄や、日々の積み重ねによって醸成される側面も多いだろう。だがちょっとした心がけで、そうした「空気」を生み出すことができるという。秀島さんが「是非試してほしい」と語る5つのテクニックを紹介する。

(1)笑顔とアイコンタクトで心理バリアーを解除

「ラジオDJとして仕事をするうえで私が一番大切にしているのが笑顔とアイコンタクト。『見えない』ラジオだからこそ、お互いの空気は確実に声に出ます。ぜひ人と話すときに、笑顔と目を合わせることを意識してみてください。笑顔には相手を安心させる力があります。また、柔らかい気持ちで目と目を合わせるのは『よろしく』の意思表示。初対面の緊張がほっとゆるんで、話しやすくなるはずです。」

(2)「いいね!」を見つけて、口に出す

「相手のシャツの色や髪形など、ちょっとしたことでいいのです。『それ、いいですね』と声に出してみてください。これは『私はあなたに関心がありますよ』というサイン。途端に話しやすい空気になりますよ。初対面では使えませんけど、タモリさんがよくおっしゃる『髪切った?』は好例ですね。たとえ『切ってません』というお返事でも、『いつもと印象が違ったので』とさらに言葉を返したりと、その一言から会話を広げていくこともできます」


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧


   朝日新聞出版の本 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加