AERA dot. 5th anniversary

没後10年 ZARD・坂井泉水との最後の会話 ビーイング創業者 長戸大幸

永遠の歌姫 ZARDの真実 第1回

このエントリーをはてなブックマークに追加
神舘和典dot.#永遠の歌姫ZARDの真実

本連載で初公開する坂井さんのショット

本連載で初公開する坂井さんのショット

坂井さんが残した歌詞ノート

坂井さんが残した歌詞ノート

「彼女もレコーディングを楽しみにしている様子でした。そんないつも通りの会話が最後になってしまった。この日ではありませんが、投薬のせいで、頭がぼうっとするとも話していました」

 あまりにも突然のことでもあり、坂井さんは自ら死を選んだのではないか、という噂も流れた。

「でも、レコーディングを楽しみにしていた様子からも、やはり転落事故だったとしか思えません。とても残念です」

 坂井さんが今も存命だったら、どんなシンガー・ソングライターになっていただろう。

「言葉をいっぱい書いていると思います。案外、中島みゆきさんのような方向になっていったかもしれません」

 ZARDのキャリアのすべてをプロデュースしてきた長戸氏に、あくまでも主観で、ZARDのベストナンバーを3曲あげてもらった。

 その1曲目は「Forever you」。

「実は、坂井さんがZARDとしてデビューする前の、過去の写真集が出版されそうになったことがあります。その時の心情を歌った曲が『Forever you』です。過去を否定しない、後悔はない、という内容です」

 2曲目は「心を開いて」。

「“ビルの隙間に二人座って 道行く人を ただ眺めていた”というような、どこにでもある情景を切り取って作品にしているところが凄いと思います」

 3曲目は「サヨナラは今もこの胸に居ます」。

「栗林さんの書いたメロディーに、坂井さんの言葉がものの見事にはまっています。すでにあった曲に坂井さんが歌詞を書いたわけですが、この歌詞のために書かれたメロディーで、このメロディーのために書かれた歌詞だと思えるほどです」

(文/神舘和典)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

   永遠の歌姫ZARDの真実 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加