75歳以上の肺がん手術の判断に関わる医療以外の大きな課題とは?

がん

2017/03/06 07:00

 週刊朝日ムック「手術数でわかるいい病院2017」で、高齢者(75歳以上)へのがん手術の実情と各病院の判断基準について、がんの中でもっとも死亡者数が多い肺がんを取材。他のがんでも、術後合併症の肺炎を懸念する医師が多い中、肺がん手術はそのリスクを回避できているのか? 実情を紹介する。

あわせて読みたい

  • 高齢者の肺がん手術 80歳くらいまでなら積極的に行う理由

    高齢者の肺がん手術 80歳くらいまでなら積極的に行う理由

    dot.

    3/5

    中村獅童、野際陽子を襲った肺がん 手術数でわかる「いい病院」全国トップ40

    中村獅童、野際陽子を襲った肺がん 手術数でわかる「いい病院」全国トップ40

    dot.

    5/20

  • 【肺がん手術】患者はどう治療法を選べばいい? 専門医が解説「肺をいかに残すか」

    【肺がん手術】患者はどう治療法を選べばいい? 専門医が解説「肺をいかに残すか」

    dot.

    3/13

    ハイリスクの「がん患者」が総合病院で手術を受けるメリット

    ハイリスクの「がん患者」が総合病院で手術を受けるメリット

    週刊朝日

    7/17

  • 【肺がん手術】専門医に聞くセカンドオピニオンをとるべきケースは?

    【肺がん手術】専門医に聞くセカンドオピニオンをとるべきケースは?

    dot.

    2/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す