市内に出る駆け引きから解放? ベトナム・ノイバイ空港の交通事情 <下川裕治のどこへと訊かれて> (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

市内に出る駆け引きから解放? ベトナム・ノイバイ空港の交通事情 <下川裕治のどこへと訊かれて>

連載「どこへと訊かれて」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ターミナル2の荷物を受けとりフロア。かなり広い

ターミナル2の荷物を受けとりフロア。かなり広い

 さまざまな思いを抱く人々が行き交う空港や駅。バックパッカーの神様とも呼ばれる、旅行作家・下川裕治氏が、世界の空港や駅を通して見た国と人と時代。下川版、「世界の空港・駅から」。第15回はベトナムのノイバイ空港から。

*  *  *
 バンコクをたったベトナムのLCC、ベトジェットが着いたのは、ハノイのノイバイ空港のターミナル2だった。このターミナルは、一昨年(2014年)の暮れに完成した。国際線はすべて、ターミナル2を利用する。

 以前のノイバイ空港は狭く、いつも混雑していた。そして照明も暗かった。それに比べると広く、明るい。その分、ちょっと間延びした感じもするが。

 ベトナムの空港の難点は、市内への足だ。

 空港からハノイ市内へは、タクシー、ベトナム航空のオフィス近くに着くミニバス、路線バスという手段があったが、どれも欠点が目立った。

 タクシーは到着階で声をかけてくる運転手は必ず“ぼる”ので、その先にあるタクシー乗り場で待つ車を選ぶ。これが定額制だったり、メーター制や交渉制だったりとコロコロ変わる。おそらく空港に乗り入れる利権と絡んでいるのだろう。市内まで30万ドンから40万ドン、日本円で1500円から2000円という値段にもちゅうちょした。ハノイ市内の安ホテルなら、1泊30万ドンを切るからだ。

 一方、ベトナム航空のオフィス近くに向かうミニバスはまさにアジアだ。運賃は3万ドン、150円前後。本来はベトナム航空利用者用なのだと思うのだが、ほかの航空会社を利用していても、乗り込むことができるときもあった。ところが相手も強者で、泊まるホテルまで行くから倍払わない?などと誘ってくる。運転手とのアジアらしい駆け引きが必要になった。

 路線バスは5千ドン、約25円以下と、うれしくなるほど安かったが、これがとんでもなく時間がかかる。タクシーなら40分ほどの距離なのだが、2時間近くかかる。車内でひと眠りしても、まだ市内にたどり着いていないことも多かった。英語が通じないから、降りるバス停もよくわからない。それでも僕はよく路線バスを使った。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい