Jリーグ、1シーズン制への回帰は正しいのか? 村井チェアマン、真価問われる2100億円の“使い道” (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

Jリーグ、1シーズン制への回帰は正しいのか? 村井チェアマン、真価問われる2100億円の“使い道”

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
5代目Jリーグチェアマン 村井 満 氏(写真:Getty Images)

5代目Jリーグチェアマン 村井 満 氏(写真:Getty Images)

 いかに経営基盤を拡大するか――。2年前の2014年1月、村井満氏がJリーグの第5代チェアマンの就任時に掲げたテーマだ。これに従い、事業収入を増やしてきた。

 就任当時のJリーグは最大13億円の減収が見込まれるなど、極めて苦しい時期にあった。そこで大会方式を見直し、2ステージ制とチャンピオンシップ(CS)を導入。資金を調達し、10億円近い増収へ転じた。

 また、チェアマン就任後の2014年末には、「明治安田生命保険」と翌年から4シーズンにわたるタイトルパートナー契約を締結。さらに、「スカパーJSAT」と翌年から5シーズンに及ぶ海外放送権販売契約にこぎ着けている。

 そして今年の夏、イギリスの動画配信大手「パフォーム」グループと放映権契約を取りまとめた。その中身は来年からの10年間で計2100億円が転がり込むケタ違いのもの。文字どおり、経営基盤が拡大されたわけだ。

 村井チェアマンはその他の分野への目配りにも余念がなく、重要戦略として以下の5つを掲げた。1・魅力的なフットボール、2・スタジアムの整備、3・デジタル技術の活用、4・国際戦略、5・経営人材の育成。今後、こちらへの投資も積極的に行っていく腹積もりだろう。

 要職を歴任した「リクルート」社からの転身組だが、高校時代はサッカー部のGK。いわゆる「最後の砦」というイメージが現職と妙に重なる。日本代表や浦和レッズの熱心なサポーターだったことでも知られ、ファン目線を持ち合わせた人――と考えるのが自然だろうか。

 ここまでのプロセスは順風に見えるが、Jリーグ自体の真価はこの先、問われる。J1からJ3まで実に50クラブを超える大所帯。経営基盤のみならず、市場そのものを拡大していく必要があるわけだ。2100億円という巨額のマネーを元手にJリーグをどう発展させていくか。チェアマンには、そのビジョンが問われている。

「大会日程や大会方式といった、フットボールを構成する要素に関しても、制約なしに、あるべき姿で、われわれは議論していくことができるようになった」


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい