小林麻央、乳がん“転移”を告白 「みんなが麻央さんの応援団」…激励コメントが殺到 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小林麻央、乳がん“転移”を告白 「みんなが麻央さんの応援団」…激励コメントが殺到

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#がん#小林麻央
9月19日付のブログで闘病中の写真を公開した小林麻央

9月19日付のブログで闘病中の写真を公開した小林麻央

 歌舞伎俳優の市川海老蔵の妻で、乳がんで闘病中の小林麻央(34)が9月20日、自身のブログでがんの転移について明かした。

 麻央はこれまで、ブログで現在の闘病生活や家族についてつづる一方で、がん発見につながった人間ドックや検査など、過去を振り返った投稿もしていた。過去について書かれたものには、順に番号が振られており、11日に投稿された「4 再検査」では人間ドック後の再検査について、16日の「11 涙」という投稿では、生体検査の結果が出る前に「95%がん」と告げられたことなどが、それぞれ生々しくつづられていた。そして20日には「15 告知日」と題した記事を投稿。告知を受けた当時の心境を次のようにつづっている。

<生検(生体検査)の結果を聞くまでの10日間は、ひとりだけ違う時間軸に生きて、ゆっくりゆっくり皆とは違う暗闇に追いていかれるような感覚だった。告知日。診察室に入った時の先生の表情で、『陽性だったんだな、癌なんだな』と分かった。心の準備は意外とできており、冷静に先生のお話を伺った。>

 この後に続けて「この時点では、まだ脇のリンパ節転移のみだった。(その後、現在肺や骨などに転移あり)」と記してあり、現在はがんの転移があることを明かした。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい