錦織圭、なぜシングルスから外れる? “国別対抗”デビス杯で求められる日本テニス界の「成長」 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

錦織圭、なぜシングルスから外れる? “国別対抗”デビス杯で求められる日本テニス界の「成長」

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#錦織圭
デビスカップでダブルスのみの出場と発表された錦織圭。今回は若手の成長が期待される。(写真:Getty Images)

デビスカップでダブルスのみの出場と発表された錦織圭。今回は若手の成長が期待される。(写真:Getty Images)

 テニスの国別対抗団体戦デビスカップ(デ杯)のワールドグループ・プレーオフ、日本対ウクライナ戦が、9月16日から3日間にわたり大阪市靭テニスセンターで開催される。

 今回のウクライナ戦は、ワールドグループ残留を懸けた一戦。デ杯は、欧州/アフリカや北中米、そしてアジア/オセアニアの各地域による「ゾーングループ」と、それら地域戦を勝ち上がった16カ国による「ワールドグループ」により構成される。つまりはワールドグループこそが世界最強国を決するステージ。日本は今年ワールドグループを戦っていたが、1回戦でイギリスに敗れたため、プレーオフ(入れ替え戦)に臨むことになった。来年もワールドグループに残留できるか、あるいはゾーングループからやり直すのか、その命運を決める一戦となる。

 対戦フォーマットは、各国4選手によるシングルス計4試合、ダブルス1試合の総計5試合で競われ、先に3勝をもぎ取った方が勝利国となる。今回の日本代表はシングルスランキング上位の4選手で構成され、上から錦織圭(5位)、ダニエル太郎(88位)、西岡良仁(96位)、杉田祐一(98位)。対するウクライナは、50位のイリヤ・マルチェンコと105位のセルジー・スタホフスキーが2枚看板。残りの2人は321位のアルテム・スミルノフと657位のダニロ・カレニチェンコという、ランキング的にも実績としても他と大きく差がついているが、ウクライナはスミルノフをシングルスに、単複両面で最も実績豊富なスタホフスキーをあえてダブルスに起用してきた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい