AIが患者の命を救う… 医療職もAIに仕事を奪われるのか?

大学入試

2016/09/09 11:30

 現在、医学部を目指すみなさんが働き盛りの医師になっているのが2035年だ。そのころの医療や医師は、今とは全く異なった姿になっているだろう。小論文の課題としても注目されている、人工知能(AI)と医師が協調する、これからの医療のあり方を、週刊朝日ムック「医学部に入る2017」で探った。

あわせて読みたい

  • 人工知能が医療で活躍、お手上げの医師を助ける

    人工知能が医療で活躍、お手上げの医師を助ける

    AERA

    10/1

    10分で白血病診断、抗がん剤を変更… AIが医療をここまで変えた!

    10分で白血病診断、抗がん剤を変更… AIが医療をここまで変えた!

    dot.

    12/4

  • 競泳・池江選手も発症した急性白血病 進化を続ける治療法とは

    競泳・池江選手も発症した急性白血病 進化を続ける治療法とは

    dot.

    7/23

    「論文を読むAI」でがんゲノム医療は迅速な治療検討が可能に 激変する医療AI業界

    「論文を読むAI」でがんゲノム医療は迅速な治療検討が可能に 激変する医療AI業界

    dot.

    6/21

  • 「カッコいい医師」は減るほうがいい!? 産業医・大室正志氏「目指すべき医師像」

    「カッコいい医師」は減るほうがいい!? 産業医・大室正志氏「目指すべき医師像」

    dot.

    2/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す