ハリルの決断が奏功 指揮官の思い切りの良さで手にした最終予選初勝利

2016/09/07 07:00

 2018ロシアW杯アジア地区最終予選の第2戦が9月6日にタイのバンコクで行われ、日本は原口元気と浅野拓磨のゴールで2-0とタイを下し、最終予選初勝利をあげた。日本はこれにより1勝1敗。2連勝したオーストラリアとサウジアラビアに次ぐ3位となっており、W杯出場の権利を自動的に獲得できる2位以内に入るためにはここから勝利を重ねていく必要がある。

あわせて読みたい

  • ハリルJ 負けられないタイ戦、隠れた不安材料はDF陣の“出場停止リーチ”だ!

    ハリルJ 負けられないタイ戦、隠れた不安材料はDF陣の“出場停止リーチ”だ!

    dot.

    3/28

    本田、岡崎から消えた“ゴールの予感” 劇的決勝弾の陰に潜む大きな不安

    本田、岡崎から消えた“ゴールの予感” 劇的決勝弾の陰に潜む大きな不安

    dot.

    10/7

  • W杯決めたハリル采配 大胆な選手起用の裏にあった「ある論理」

    W杯決めたハリル采配 大胆な選手起用の裏にあった「ある論理」

    dot.

    9/1

    注目は中盤左サイドの起用 初勝利狙うタイ戦、普段通りならまず負ける相手ではないが…

    注目は中盤左サイドの起用 初勝利狙うタイ戦、普段通りならまず負ける相手ではないが…

    dot.

    9/6

  • 長谷部離脱、監督解任危機…ハリルジャパンは「結束力」でピンチを乗り切れ! 

    長谷部離脱、監督解任危機…ハリルジャパンは「結束力」でピンチを乗り切れ! 

    dot.

    3/23

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す