晒し者でもOK…「W不倫」ファンキー加藤の“肝っ玉” (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

晒し者でもOK…「W不倫」ファンキー加藤の“肝っ玉”

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#不倫
ファンキー加藤(c)朝日新聞社

ファンキー加藤(c)朝日新聞社

 お笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣(40)の元妻とダブル不倫の末、妊娠させたことを認めた歌手で元ファンキーモンキーベイビーズのファンキー加藤(37)。謝罪会見直後も活動を続行し、6月7日には京セラドーム大阪でオリックス対中日戦の始球式に登板。一夜明けた8日には奈良県吉野町で行われた主演映画『サブイボマスク』のイベントに参加した。

 諦めない姿勢や一途な恋を歌った応援ソングで人気を集めてきたファンキー加藤だが、妻との間に長男がいるにもかかわらず、柴田の元妻との不倫を楽しんでいたことが発覚し、イメージとの乖離に世間は驚いた。始球式で「このたびはお騒がせして申し訳ありませんでした」と謝罪すると観客席からは大きな笑いが漏れ、映画のイベントでは地元小学生が「加藤って、友達の奥さんと不倫したんだって」と囁き合っていたという。

 不倫騒動により加藤の真面目なイメージは一気に崩壊した。裏切られたと感じるファンも多いと思うが、それでも人前に出続ける加藤。もはや、“晒し者”と言っても過言ではなく、逆に、そのメンタルの“強さ”に脱帽してしまう。

 一体、その強靭な精神はどこで培ったものなのだろうか?


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい