モナコGP開幕 “無免許”F1デビューに最年少優勝…フェルスタッペンに注目せよ! (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

モナコGP開幕 “無免許”F1デビューに最年少優勝…フェルスタッペンに注目せよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.

前戦スペインGPで史上最年少優勝を果たしたフェルスタッペンが伝統のモナコに挑む。(写真:Getty Images)

前戦スペインGPで史上最年少優勝を果たしたフェルスタッペンが伝統のモナコに挑む。(写真:Getty Images)

 フランスのル・マン24時間レース、アメリカのインディ500と並んで世界三大レースのひとつに数えられているF1モナコGPの決勝レースが、いよいよ5月29日に行われる。一年を通してもっとも華やかで伝統のある一戦は、見る者だけでなく、戦うドライバーたちにとっても「モナコの1勝は、ほかのグランプリの3勝分の価値がある」と言われるほど、特別な舞台である。

 そのモナコでいま、注目を集めているのがマックス・フェルスタッペン(レッドブル)である。その理由は、2週間前に行われたスペインGPを18歳227日で初優勝し、F1での史上最年少記録を更新したからだ。

 元F1ドライバーのヨスを父に持つフェルスタッペンが生まれたのは、1997年。父親はまだF1の世界で戦っていた。しかし、チャンスに恵まれずに、父親は2003年限りで引退。そこから、父親による英才教育が始まり、フェルスタッペンの才能は瞬く間に開花。史上最年少の17歳でF1にデビューする。

 だが、公道を運転するための一般運転免許を持たない少年のF1デビューに、多くの異論が投げかけられた。事態を重く見たF1を統括する国際自動車連盟(FIA)はその後、規約を変更。2016年からは18歳以上で自動車免許を持つことなど、条件を厳しくしなければならないほど、昨年のフェルスタッペンのF1デビューは内外に大きな衝撃を与えた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい