ソウル市“待機児童”10万人の衝撃! 韓国の特殊な「保育園事情」

2016/04/12 07:00

 韓国・保健福祉部の資料や各種報道によると、ソウル市における待機児童数は、ここ数年、約10万人前後(全国では46万人、2014年10月現在)で推移している。東京都が正式に発表している都内の待機児童数は、7814人(15年7月23日現在)。ソウル市には、東京都の約12倍以上の待機児童がいることになる。ただ韓国でいうところの待機児童は、日本のそれとは定義が少し異なるので、少々補足や説明が必要かもしれない。

あわせて読みたい

  • 東京23区392駅「保育園に入りやすい駅・入りにくい駅」はここだ!

    東京23区392駅「保育園に入りやすい駅・入りにくい駅」はここだ!

    AERA

    9/15

    混乱する保活 『幼児教育・保育の無償化』の波でさらなる激化か?

    混乱する保活 『幼児教育・保育の無償化』の波でさらなる激化か?

    AERA

    2/21

  • なぜ東大キャンパス内に「保育園」? 学業・研究と子育ての両立をどう支えるか

    なぜ東大キャンパス内に「保育園」? 学業・研究と子育ての両立をどう支えるか

    東大新聞オンライン

    6/28

    保活の“ミスマッチ”に斬新アイデア 明石市が「パークアンドライド」導入

    保活の“ミスマッチ”に斬新アイデア 明石市が「パークアンドライド」導入

    AERA

    3/1

  • 質より量の保育園拡充「給食も間に合わない」惨状

    質より量の保育園拡充「給食も間に合わない」惨状

    AERA

    8/18

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す