相手の立場になって考えるのは難しい… そんな時の必殺技とは? (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

相手の立場になって考えるのは難しい… そんな時の必殺技とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
大谷由里子dot.#ごきげんに生きよう
マンガ/上大岡トメ

マンガ/上大岡トメ

 年齢を経てますます大切なのは、毎日を機嫌よく過ごす力「ごきげん力」ではないでしょうか。

 人生いいこともあれば、悪いこともある。馬が合う人もいれば、合わない人もいる。でも、どんなときでも「ごきげん力」さえあれば、大丈夫。

 元吉本興業の名物マネージャーで、現在、「笑い」や「元気」などをテーマに年間300回ものセミナー・講演を行う大谷由里子(51歳)さんがお送りする「ごきげんに生きるために大切な習慣」。

 大人気イラストレーターの上大岡トメさんのコラボ4コマも同時連載中です!

*  *  *
「相手の立場になって考えなさい」

 と、よく言われる。

 でも、これって、けっこう難しい。

 とっさになかなかできない。

 だから、心に余裕がある時に、「入れ替わりの術」を使って、その人になって、自分のことを見てみる。

 意外と、これ、いろんな発見がある。

 人なんて思い通りになるはずがない。分かっているけれど、仲間に子供に夫についイライラしてしまう。

「わたしは、こんなに一生懸命にやっているのに……」

「なんで、わたしのことを分かってくれないの」

 わたしも、しょっちゅうそう思って、悲しくなったり、投げやりになったり。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい