今晩なに食べる?レシピ本に新ジャンル 「夜ごはん本」が続々登場

dot.#食
  『終電ごはん』『遅夜ごはん』『カロリーひかえめ 夜9時ごはん』――。書店の料理本コーナーに、こんなタイトルの本が並ぶ。

 いずれも、仕事で夜遅く帰宅する人をターゲットに、サッと作れて低カロリーなレシピを集めた料理本だ。「夜ごはん本」とでも呼ぶべきこうした本は数年前から増えはじめた。今年はすでに10冊以上発売され、料理本の新ジャンルとして定着した。

 さきがけとなったのは、2007年発売の『おつまみ横丁』。料理本にしては珍しい新書サイズと、すべてのレシピが3ステップで作れる手軽さが受け、100万部を超える大ヒットを記録した。その後、「ごはん」に主戦場を移して、一覧のような料理本が続々登場。家飲み&家ごはんブームも手伝って、12年6月発売の『終電ごはん』(幻冬舎)がテレビドラマ化されると、盛り上がりはピークに達した。JR有楽町駅の真ん前にある三省堂書店有楽町店は、午後10時まで営業。実用書担当の高橋千絵里さんによれば、「場所柄、仕事帰りのOLやサラリーマンが多く立ち寄ります。タイトルが受けて『終電ごはん』はかなり売れました」。

 料理しながら見やすい大判サイズが料理本の定石なのに、「夜ごはん本」は『おつまみ横丁』にならったコンパクトサイズ中心。「通勤用のカバンに入れて持ち運び、帰りの電車で今夜のメニューを考えてもらう」というのが出版各社の狙いだ。

 差別化の試みも始まっている。「サッと作れて低カロリー」に加え、『深夜特急めし109』(主婦と生活社)は男性読者を意識し食べごたえ重視のレシピをそろえた。『夜にちょこっとココットごはん』(朝日新聞出版)は、女性に人気の器「ココット」に注目。ココットごと焼いたり蒸したりしてそのまま食べる、ごはんはSサイズ、スープはLサイズなどとココットの大きさを決めることで食べ過ぎを防止、などと活用法を提案している。

 帰宅途中の献立探しと言えば、「スマホでレシピ検索」が定番になりつつあるが、たまには小さな料理本を開いてみると、検索では出会うことができなかったメニューが見つけられるかも。

【主な夜ごはん本リスト】

2008年
『浜内千波の21時からの遅ごはん』(保健同人社)
2009年
『体にやさしい遅めの夜ごはん』(西東社)
2010年
『カロリーひかえめ 夜9時ごはん』(新星出版社)
2012年
『21時から作るごはん ローカロリーのかんたんメニュー』(講談社)
『終電ごはん』(幻冬舎)
『一人ぶんから作れるラクうまごはん』(新星出版社)
『あさこ食堂の一緒に食べたいおそごはん!』(ディスカバー・トゥエンティワン)
『夜9時からのほっこりごはん』(世界文化社)
2013年
『深夜特急めし109』(主婦と生活社)
『遅夜ごはん』(宝島社)
『みんなの夜9時ごはん』(新星出版社)
『病気にならない夜9時からの粗食ごはん』(青春出版社)
『遅く食べても太らない おやすみ前のベジごはん』(家の光協会)
『もっとラクうまごはん』(新星出版社)
『行正り香の はじめよう! ひとりごはん生活』(朝日新聞出版)
『忙しい人でもおいしく作れる夜ごはん』(飛鳥新社)
『夜にちょこっとココットごはん』(朝日新聞出版)

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック