コロナでも伸びるクルーズ旅行、人気の理由とは (1/3) 〈ダイヤモンド・オンライン〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

コロナでも伸びるクルーズ旅行、人気の理由とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
※写真はイメージです(GettyImages)

※写真はイメージです(GettyImages)

 ダイヤモンド・プリンセス号のコロナ騒動は記憶に新しく、クルーズ旅行のリスクを顕在化させた。それにもかかわらずクルーズ旅行の予約は伸びを見せているという。なぜクルーズ旅行の人気は高いのか。知られざるその魅力を『おトクに楽しむ豪華客船の旅 クルーズはじめました!』(JTBパブリッシング)などの著者でイラストレーター、クルーズライターとして活動するくぼこまき氏に話を聞いた。(清談社 沼澤典史)

●パッキングも日中の移動もなしクルーズ旅行は疲れない

 ウォール・ストリート・ジャーナルによるとコロナ禍でもクルーズファンは健在で、来年の予約も伸びているという。海外だけではなく、日本でもクルーズ旅行の予約が満員になっているサイトも散見される。

 今年2月に話題となったダイヤモンド・プリンセス号の集団コロナ感染によって、一般人はクルーズ旅行へ不安を覚えている人も多いかもしれないが、ファンには根強い人気があるようだ。

 これまでクルーズ旅行で150泊以上を経験するくぼこまき氏もそのひとり。

「もともと旅行は疲れるので、あまり好きではありませんでした。ただテレビのクルーズ特集で出てきた乗客の人たちがTシャツ、短パンというすごくラフな格好をしていたんです。セレブしか乗れないというイメージがあったのですが、『これなら話のネタに1回行ってみるのもありかな』と思って申し込んだのがきっかけでした」

 くぼ氏の初クルーズ旅行はシンガポール発着で、マレーシアのペナン島とタイのプーケットをめぐる3泊4日のコース。行く前は「3泊は長いかも」と感じたものの、船を降りる日には、「涙が出るくらい降りたくなかった」という。

「普通の旅行って移動に時間が取られることが多いし、移動のたびにパッキングしなくてはならないので、すごく疲れるんですよね。ただ、クルーズ旅行は部屋に荷物を置いたら、あとは降りるまでパッキングしなくてもいいんです。また、移動は寝ている夜間(オフタイム)に行われるので、体への負担も少なく、そのぶん目いっぱい寄港地を楽しめます」


トップにもどる ダイヤモンド・オンライン記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい