任天堂社長「2年目の『スイッチ』は普段ゲームに見向きもしない層まで広がる」 (4/4) 〈ダイヤモンド・オンライン〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

任天堂社長「2年目の『スイッチ』は普段ゲームに見向きもしない層まで広がる」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊ダイヤモンド編集部ダイヤモンド・オンライン#企業
君島辰己・任天堂社長 (Photo by Masato Kato)

君島辰己・任天堂社長 (Photo by Masato Kato)

君島達己(きみしま・たつみ)/ 1950年4月生まれ、東京都出身。73年一橋大法卒、三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行、00年任天堂が出資するポケモン代表取締役、02年から任天堂取締役。米国任天堂会長、任天堂常務経て、55歳の若さで死去した岩田聡前社長の後任として15年9月から現職 (Photo by Masato Kato)

君島達己(きみしま・たつみ)/ 1950年4月生まれ、東京都出身。73年一橋大法卒、三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行、00年任天堂が出資するポケモン代表取締役、02年から任天堂取締役。米国任天堂会長、任天堂常務経て、55歳の若さで死去した岩田聡前社長の後任として15年9月から現職 (Photo by Masato Kato)

――「ラボ」は、子どもの理系教育に役立つとの見方が出ていますが、任天堂として教育ビジネスに関心はありますか。

 いえいえ。われわれはまずは遊びを提供することに徹します。確かに「子どもの教育にいいんじゃないか」と色々な評価をいただいて嬉しいのですが、われわれがすぐに教育分野に進めるかというと、教育の専門家でもなんでもないので難しいでしょう。本当にそういうことができるパートナーさんがいれば、大いに使っていただければと思いますが、われわれが真正面から教育市場に入るようなことは今のところ考えていません。あくまでスイッチの遊び方の新しい提案です。

――スイッチの新しい遊び方としてバーチャルリアリティ(仮想現実、VR)対応は考えていますか。

 VRは技術として面白いものだと理解していますし、大変興味があります。だから、これを使って面白いものができれば使いますし、そうでなければ使いません。まだ面白いものができていないというだけですね。これで気持ちよく心地よく遊べるソフトができるかどうかです。

――スイッチは、サードパーティー向けのソフトはあまり目立っていないようですが。

 サードパーティーさんにとっては、WiiUからスイッチへの切り替えですから、かなり慎重に様子見があったのは事実でしょう。

 その中で、任天堂が自分たちのソフトでいかに勢いをつけられるかがポイントでした。今はもう1400万台以上の普及台数になりましたから、サードパーティーさんにも、それなりにサポートしてもらえるようになったと思います。


トップにもどる ダイヤモンド・オンライン記事一覧



関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい