『モナ・リザ』と『最後の晩餐』 格が高いのはどっち?

2017/11/06 17:08

 いま、「美術史」に注目が集まっている――。社会がグローバル化する中、世界のエリートたちが当然のように身につけている教養に、ようやく日本でも目が向き始めたのだ。10月5日に発売されたばかりの新刊『世界のビジネスエリートが身につける教養「西洋美術史」』においても、グローバルに活躍する企業ユニ・チャーム株式会社の社長高原豪久氏が「美術史を知らずして、世界とは戦えない」とコメントを寄せている。そこで本書の著者・木村泰司氏に、知っておきたい「美術」に関する教養を紹介してもらう。今回は絵画のジャンルのヒエラルキー(格付)について解説。

あわせて読みたい

  • あなたはなぜ、ルーベンスの絵に感動できないのか? 間違いだらけの日本人の西洋絵画の見方

    あなたはなぜ、ルーベンスの絵に感動できないのか? 間違いだらけの日本人の西洋絵画の見方

    dot.

    11/11

    東京藝大教授が美術鑑賞の“てっとり早いコツ”を伝授 「この一冊で奥深さも知ってほしい」

    東京藝大教授が美術鑑賞の“てっとり早いコツ”を伝授 「この一冊で奥深さも知ってほしい」

    AERA

    5/10

  • 美術史を専門的に学ぶことには、どんな意味がある?

    美術史を専門的に学ぶことには、どんな意味がある?

    BOOKSTAND

    1/30

    お正月は美術館詣でからはじめよう!

    お正月は美術館詣でからはじめよう!

    tenki.jp

    12/30

  • 殺人、奇行、人格破綻......私生活も破天荒だった芸術家とは?

    殺人、奇行、人格破綻......私生活も破天荒だった芸術家とは?

    BOOKSTAND

    5/23

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す