コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ コラムニスト 鴻上尚史 鴻上尚史のほがらか人生相談~息苦しい『世間』を楽に生きる処方箋

鴻上尚史

このエントリーをはてなブックマークに追加
鴻上尚史

鴻上尚史

鴻上尚史(こうかみ・しょうじ)/作家・演出家。1958年、愛媛県生まれ。早稲田大学卒。在学中に劇団「第三舞台」を旗揚げ。94年「スナフキンの手紙」で岸田國士戯曲賞受賞、2010年「グローブ・ジャングル」で読売文学賞戯曲賞。現在は、「KOKAMI@network」と「虚構の劇団」を中心に脚本、演出を手掛ける。また近著に『不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか』(講談社現代新書)、谷川俊太郎氏との共著に『そんなとき隣に詩がいます ~鴻上尚史が選ぶ谷川俊太郎の詩~』(大和書房)がある。

  • NEW

    鴻上尚史が回答に悩んだ人生相談 「混乱している」相談者に勧めたこととは?

    鴻上尚史のほがらか人生相談~息苦しい『世間』を楽に生きる処方箋 dot.

     鴻上尚史の人生相談。大学3回生になり、グループワークの授業で疎外感を覚えたことから学校に行けなくなった相談者。自分の全てが嫌いだという相談者に鴻上尚史が答える、丁寧な手続きの必要性とは?【相談13】大学を休学、何もしていない自分への嫌気(相談者・22歳 女性 しろくま) 私は現在、大学を休学してい...

  • 「ひとり親だから」学校が娘のいじめをスルー? 鴻上尚史の回答は…

    鴻上尚史のほがらか人生相談~息苦しい『世間』を楽に生きる処方箋 AERA

     学校や行政が娘のいじめを取り合ってくれないのは、ひとり親で発言力がないからと悩む母親に、作家・演出家の鴻上尚史さんが答える。*  *  *●母親の悩み 娘が小3の時にいじめにあいました。同じアパートに住む同級生が娘を無視したことから始まり、学級全員と話すことがなくなりました。やがて同じアパートの子...

  • “あがり症”克服に大切なのは「人前」の定義 鴻上尚史が伝授する「勝ち味」の重ね方

    鴻上尚史のほがらか人生相談~息苦しい『世間』を楽に生きる処方箋 dot.

     鴻上尚史の人生相談。高校の英語のスピーチをきっかけに、極度のあがり症になってしまったという相談者。会社のプレゼンもままならないと嘆く相談者に鴻上尚史が答えた、「勝ち味」の重ね方とは?【相談12】 あがり症の癖をなおしたい(相談者・31歳 男性 りゅう) 私は、自分でもいやになるほどのあがり症です。...

  • 外国人が疑問に思う日本語「素直に嬉しい」「普通にすごい」 鴻上尚史がズバリ解説

    鴻上尚史のほがらか人生相談~息苦しい『世間』を楽に生きる処方箋 dot.

     鴻上尚史の人生相談。「外国人の友人に、『素直に嬉しい』『普通にいうでしょ』の意味を問われた」と相談者。答えに窮する相談者に鴻上尚史が答えた、“世間”という共同体と日本人の処世術とは?【相談11】「素直に」「普通に」の使い方? イギリス人の友人の日本語への困った問い(相談者・...

  • 「本当の友達が欲しい…」17歳の女子高生に鴻上尚史が助言した「おみやげ」関係とは?

    鴻上尚史のほがらか人生相談~息苦しい『世間』を楽に生きる処方箋 dot.

     鴻上尚史の人生相談。「今の友達グループに、本当の友達はいない」と相談者。自分はいつも最下層扱いと下を向く相談者に鴻上尚史が提案した「おみやげの渡し合い」とは?【相談10】本当の友達がほしいです(相談者・17歳 女性 あさひ) 女子高に通っている高校2年の17歳です。相談は、学校があまり楽しくないこ...