AERA dot.

植草信和

このエントリーをはてなブックマークに追加
植草信和

植草信和

植草信和(うえくさ・のぶかず)/1949年、千葉県市川市生まれ。キネマ旬報社に入社し、1991年に同誌編集長。退社後2006年、映画製作・配給会社「太秦株式会社」設立。現在は非常勤顧問。

  • NEW

    山田太一、加藤剛が語る異彩を放った大河「獅子の時代」

    dot.

    「人がやったことはやらない」をドラマ作りの信条とする近藤晋プロデューサー(2017年2月逝去)が、「黄金の日日」に続いて手掛けた1980(昭和55)年の大河ドラマ18作目となる「獅子の時代」は、何から何まで異例ずくめの大河とし今でも異彩を放っている。その主な“異例”を列挙すると以下のようになる。(1...

  • 岩下志麻さんが「一生忘れられない」と語る『草燃える』秘話

    dot.

     鎌倉幕府創成期の暗部を照らし出した「炎環」で第52回直木賞を受賞した永井路子の作品には、中世に生きた女性を主人公にした作品が多い。独身で即位した初めての女性天皇である氷高皇女(元正天皇)の生涯を浮き彫りにした「美貌の女帝」、「炎環」と同じ時代に生きた北条政子の波瀾に充ちた半生を描いた「北条政子」、...

  • 松本幸四郎、栗原小巻が語る今も愛される「黄金の日々」の魅力

    dot.

     昨年7月、久々に高視聴率(16.65%)を獲得した大河ドラマ「真田丸」に松本幸四郎が出演、呂宋助左衛門を演じたことが話題になった。 まだ六代目市川染五郎を名乗っていた1978(昭和53)年、幸四郎は大河第16作目「黄金の日日」で主人公の呂宋を演じたことがあり、38年ぶりに同じ役に扮したことがクロー...

  • 中村雅俊が『花神』を振り返る「自分は高杉晋作と思い込んでいた」

    dot.

     昨年の2月、多数のメディアが「司馬遼太郎没後20年」を報じた。「関ヶ原」が映画化され、催事「没後20年司馬遼太郎展『21世紀“未来の街角”で』」が昨年に引き続き今年も各地で展開されるなど、没後20年経った今も人気と知名度は衰えていない。 そんな報道の中でひときわ興味を引いたのは、「司馬遼太郎書籍累...

  • 「風と雲と虹と」に主演した加藤剛が語る“極悪人”平将門の魅力とは?

    dot.

     1976(昭和51)年の大河ドラマ第14作は「風と雲と虹と」だった。その一回目の冒頭、原作者の海音寺潮五郎が画面に現れて主人公や物語について解説するという演出が、視聴者を驚かせた。「将門という男、非常に正義感が強く素朴な坂東武者という感じがします。彼を逆臣、大悪人としたのは水戸史学の『大日本史』で...