植草信和〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

植草信和

このエントリーをはてなブックマークに追加
植草信和

植草信和

植草信和(うえくさ・のぶかず)/1949年、千葉県市川市生まれ。キネマ旬報社に入社し、1991年に同誌編集長。退社後2006年、映画製作・配給会社「太秦株式会社」設立。現在は非常勤顧問。

  • NEW

    「太平記」出演の陣内孝則が語る「デヴィット・ボウイ的なバサラ大名を目指した」

    大河ドラマ誕生55周年の秘話 dot.

     大河ドラマに不可欠なナレーションが、予期せぬ効果を生むことがある。 物語の時代背景を視聴者にわかりやすく伝えることがナレーションの基本だが、「武田信玄」では若尾文子の「今宵はこれまでに致しとうございます」が流行語になり、歴代2位の高視聴率を記録した。 そんな“語りの面白さ”だけではないケースもある...

  • 「翔ぶが如く」西郷どん役の西田敏行が語る「僕の故郷は会津藩、薩摩と長州は敵でした」

    大河ドラマ誕生55周年の秘話 dot.

     今月9日の朝日新聞夕刊に「西郷の墓前 大久保の法要『待った』/西南戦争の薩軍と官軍」という見出しの記事が載った。要約すると、今年は暗殺された大久保の没後140年にあたりその命日に「大久保利通公140年法楽」を南洲墓地慰霊塔前で催す予定だった。しかし市民グループ「敬天愛人フォーラム」の代表世話役から...

  • 春日局役の大原麗子とは「公私ともに本当に仲良し」長山藍子が明かす秘話

    大河ドラマ誕生55周年の秘話 dot.

     1989(昭和64/平成1)年の大河ドラマ27作目「春日局」は、「おんな太閤記」「いのち」に続く橋田壽賀子の書き下ろし脚本で、32.4パーセントという大河歴代3位の高視聴率を記録したことで知られている。 しかしその「春日局」の脚本が、「今まで生きてきたなかでこれ以上の苦しみはない状態のなかで書かれ...

  • 「武田信玄」中井貴一が語った「父が亡くなった山梨の覇者の役で因縁感じた」

    大河ドラマ誕生55周年の秘話 dot.

    「信玄公祭り」「武田勝頼公まつり」「武田二十四将騎馬行列」など、「武田一族」にまつわる催事が集中する山梨県甲府市の四月は、今年も戦国時代ムード一色に包まれた。 武田信玄の父信虎が「躑躅ヶ崎館」(つつじがさきやかた/現在の武田神社)を構え“甲斐の府中”であることから『甲府』と命名された街が作られたのは...

  • 「独眼竜政宗」渡辺謙を見た瞬間、岩下志麻が感じたオーラとは?

    大河ドラマ誕生55周年の秘話 dot.

     昨年10月、仙台藩祖伊達政宗の生誕450年を記念する「伊達政宗 生誕450年記念」展が仙台市博物館で開催された。 政宗ゆかりの愛刀や書状などの関連文化財230件が展示された仙台市あげての一大イベントで、約2カ月間の期間中に4万3千人もの来館者を数えて政宗への関心の高さを知らしめた。 数多ある「戦国...