植草信和〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

植草信和

このエントリーをはてなブックマークに追加
植草信和

植草信和

植草信和(うえくさ・のぶかず)/1949年、千葉県市川市生まれ。キネマ旬報社に入社し、1991年に同誌編集長。退社後2006年、映画製作・配給会社「太秦株式会社」設立。現在は非常勤顧問。

  • NEW

    大河「毛利元就」脚本家の内館牧子が語る中村芝翫の所作の美しさ

    大河ドラマ誕生55周年の秘話 dot.

     放送評論家の鈴木嘉一氏は「大河ドラマの50年/放送文化の中の歴史ドラマ」(中央公論新社刊)の「毛利元就」の項で、次のように書いている。「大河ドラマで戦国武将を描く際、中央の覇者以外では上杉謙信、伊達政宗、武田信玄が主役となり、東日本に偏る傾向があった。全国の視聴者を意識しなければいけないNHKにと...

  • 「秀吉」主演の竹中直人が今だから明かす“いちもつの思い出”

    大河ドラマ誕生55周年の秘話 dot.

     豊臣秀吉の信奉者といってもいい司馬遼太郎は『司馬遼太郎が考えたこと〈2〉エッセイ1961.10~1964.10』 (新潮文庫)のなかで、秀吉について次のように語っている。「秀吉は好きです。とくに天下をとるまでの秀吉が大好きです。歴史上の人物で私が主人として仕えていいと思うのはこの時期の秀吉です。他...

  • 西田敏行が明かす「暴れん坊将軍」に大河「八代将軍吉宗」が勝った秘訣

    大河ドラマ誕生55周年の秘話 dot.

     島桂次会長による“NHKのペレストロイカ”(経営改革)の嵐が静まった1995(平成6)年、子会社のNHKエンタープライズに発注されていた大河ドラマの制作が、NHK本体に戻った。 同年の第34作目「八代将軍 吉宗」から、“共同制作 NHKエンタープライズ&rdqu...

  • 「花の乱」で悪女富子を演じた三田佳子が語る応仁の乱の魅力

    大河ドラマ誕生55周年の秘話 dot.

     昨年、呉座勇一著「応仁の乱-戦国時代を生んだ大乱」(中央公論新書)が実売40万部(現時点47万5千部)を越え、出版界の大きな話題になった。 あまり顧みられることがない室町時代と応仁の乱をテーマにした新書が、なぜこれほどまでに読者に支持されたのか?「日本史上の大トピックとされていながらも、全体像を捉...

  • 「炎立つ」に出演した村上弘明が今だから明かす“奇跡”を感じた瞬間

    大河ドラマ誕生55周年の秘話 dot.

     1989(昭和64/平成1)年から91年までの2年余、NHK内部は大きく揺れ動いていた。当時のNHK会長だった島桂次が、自ら“NHKのペレストロイカ(改革)”と名付けたNHK商業化策によって紅白歌合戦の廃止、ドラマ制作の外注化が実行されはじめたからだ。 島桂次、通称シマゲジ(1991年、衆議院逓信...