下重暁子〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

下重暁子

このエントリーをはてなブックマークに追加
下重暁子

下重暁子

下重暁子(しもじゅう・あきこ)/作家。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後、NHKに入局。民放キャスターを経て、文筆活動に入る。主な著書に『家族という病』『極上の孤独』『人間の品性』ほか多数

  • NEW

    稲垣吾郎君はピカ一。変貌ぶり、Eテレで魅力にとりつかれた 作家・下重暁子

    ときめきは前ぶれもなく 週刊朝日

     人間としてのあり方や生き方を問いかけてきた作家・下重暁子氏の連載「ときめきは前ぶれもなく」。今回は、元スマップメンバーの活躍について。*  *  * ベートーヴェンの生誕二五〇年だという。本来なら方々で生の演奏会に接することができたはずだが、今年はオンラインや少人数での演奏など、工夫をこらしたもの...

  • 俳句をやらない? コロナの時期に気づいた日本語の妙 作家・下重暁子

    ときめきは前ぶれもなく 週刊朝日

     人間としてのあり方や生き方を問いかけてきた作家・下重暁子氏の連載「ときめきは前ぶれもなく」。今回は、俳句を通して気づいた日本語の妙について。*  *  *「連句をやらない?」 かつて一緒に俳句をやっていた仲間から声がかかった。「コロナの時期、ラインでやれば会わなくてもすむし」 私が遊んでいた俳句の...

  • 夫が米国の銀行マンで富裕層、共和党支持の彼女の声が弾んでいた理由 作家・下重暁子

    ときめきは前ぶれもなく 週刊朝日

     人間としてのあり方や生き方を問いかけてきた作家・下重暁子氏の連載「ときめきは前ぶれもなく」。今回は、フロリダのパームビーチに住む友人と話した米大統領選について。*  *  * フロリダのパームビーチに住む高校時代の友人と電話がつながった。 彼女は日本でも富裕層に属して、夫はアメリカの銀行マン。二人...

  • ディープインパクト、ウォッカ、コントレイル…作家・下重暁子が惚れ惚れした名馬たち

    ときめきは前ぶれもなく 週刊朝日

     人間としてのあり方や生き方を問いかけてきた作家・下重暁子氏の連載「ときめきは前ぶれもなく」。今回は、競馬について。*  *  *  今年の秋の中央競馬は収穫が大きかった。 秋華賞の牝馬の三冠馬デアリングタクトに続いて、菊花賞の三冠馬コントレイル、そして秋の天皇賞ではアーモンドアイの何と八冠達成と続...

  • 「菅総理の妻・真理子夫人にお願いしたい」 作家・下重暁子のファーストレディ考

    ときめきは前ぶれもなく 週刊朝日

     人間としてのあり方や生き方を問いかけてきた作家・下重暁子氏の連載「ときめきは前ぶれもなく」。今回は、総理の妻のあり方について考えた。*  *  * 菅総理の初めての外遊に、奥様が同行された。最初の訪問地、ベトナム到着時、夫より一歩下がってタラップを降りてきた。出すぎないように控え目に控え目に。「出...

おすすめの記事おすすめの記事