下重暁子〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

下重暁子

このエントリーをはてなブックマークに追加
下重暁子

下重暁子

下重暁子(しもじゅう・あきこ)/作家。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後、NHKに入局。民放キャスターを経て、文筆活動に入る。主な著書に『家族という病』『極上の孤独』『年齢は捨てなさい』ほか多数

  • NEW

    コロナ第二波到来でも欲望を優先させるのか…作家下重暁子が指摘する人間の「報い」

    ときめきは前ぶれもなく 週刊朝日

     人間としてのあり方や生き方を問いかけてきた作家・下重暁子氏の連載「ときめきは前ぶれもなく」。今回は、夏椿の花の写真を見て考えたことについて。*  *  * 祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらはす 有名な平家物語の一節である。 近頃さかんにこの一節を思い出す。...

  • 消える文化センター、ブーム去ってコロナ禍で。作家・下重暁子の憂い

    ときめきは前ぶれもなく 週刊朝日

     人間としてのあり方や生き方を問いかけてきた作家・下重暁子氏の連載「ときめきは前ぶれもなく」。今回は、新型コロナウイルスの影響で失われていく「文化」について。*  *  * 青森県の弘前に住む友人から手紙が来た。長らく暮しの手帖で原稿等を書いていた女性で、独得の文体のエッセイを書く。水茎の跡うるわし...

  • コロナ給付金に世帯主の名がなぜ必要?「家族制度の呪縛」を感じた作家・下重暁子

    ときめきは前ぶれもなく 週刊朝日

     人間としてのあり方や生き方を問いかけてきた作家・下重暁子氏の連載「ときめきは前ぶれもなく」。今回は、新型コロナウイルス対策の特別定額給付金について。*  *  * 国や都から新型コロナウイルスに関する給付金が支給されつつある。 しかしなぜこんなに面倒くさいものなのか。こういう時期なのだから、できる...

  • 美智子上皇后の母君のような「”臈たけた”ひとはどこへ」と作家下重暁子

    ときめきは前ぶれもなく 週刊朝日

     人間としてのあり方や生き方を問いかけてきた作家・下重暁子氏の連載「ときめきは前ぶれもなく」。今回は、「臈たけた」という言葉について考える。*  *  * 新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛要請で様々な店舗が閉店し、催しがなくなったが、一番困ったのが本屋である。三省堂や紀伊國屋といった大型書...

  • 小さすぎる布マスク、専門家会議の議事録がない…「国のやることは粋とはほど遠い」と作家下重暁子

    ときめきは前ぶれもなく 週刊朝日

     人間としてのあり方や生き方を問いかけてきた作家・下重暁子氏の連載「ときめきは前ぶれもなく」。今回は、6月1日の花火を見ながら考えた日本の粋について。*  *  * 粋は心意気である。久々にそれを感じさせる出来事があった。 六月一日の午後八時、全国で花火が打ち上げられた。日本煙火協会青年部に属してい...

おすすめの記事おすすめの記事