大塚篤司〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大塚篤司

このエントリーをはてなブックマークに追加
大塚篤司

大塚篤司

大塚篤司(おおつか・あつし)/1976年生まれ。千葉県出身。医師・医学博士。2003年信州大学医学部卒業。2012年チューリッヒ大学病院客員研究員を経て2017年より京都大学医学部特定准教授。皮膚科専門医。がん治療認定医。がん・アレルギーのわかりやすい解説をモットーとし、コラムニストとして医師・患者間の橋渡し活動を行っている。Twitterは@otsukaman

  • NEW

    「左足に変な模様ができました」と受診した患者 皮膚科医の迷推理は?

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

     テレビの医療ドラマでは、主人公の医師が患者の病気を突き止めていくシーンがよく描かれます。原因となる病気を的中させて治療がうまくいく……という流れが多いようですが、実際の診療はどうなのでしょうか? 『心にしみる皮膚の話』の著者で、京都大学医学部特定准教授の大塚篤司医師が、...

  • 医者の留学には2パターン スイス留学した医師が研究よりも重視したこととは?

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

    『心にしみる皮膚の話』の著者で、京都大学医学部特定准教授の大塚篤司医師は、30代の半ばに2年間ほどスイスのチューリヒに留学していました。当時は、オプジーボを始めとした免疫チェックポイント阻害剤の治験が世界中で一斉に始まった頃です。その留学先を決めた理由には、あるエピソードがあったと言います。*&nb...

  • 「免疫力を上げる」は疑うべき? 現役医師が注意を促す宣伝文句

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

    「免疫力を上げる」「免疫力を高める」という宣伝文句をよく耳にしますが、本当に効果があるのでしょうか? そもそも、それはいったいどういう意味なのでしょうか? 好評発売中の『心にしみる皮膚の話』の著者で、京都大学医学部特定准教授の大塚篤司医師が、疑わしい医療情報について警鐘を鳴らします。*  ...

  • 女性医師は休みをとりづらい? 医療現場の働き方改革に必要な三つのこと

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

    「働き方改革」は、休みがとりづらいと言われる医療現場でも求められています。女性医師がキャリアを継続しづらい環境を変えるには、どうしたらいいのでしょうか? 診療科の中で、女性の割合が多いことで知られるのは皮膚科。好評発売中の『心にしみる皮膚の話』の著者で、京都大学医学部特定准教授の皮膚科医・大塚篤司医...

  • 娘が円形脱毛症に! 「何がストレスなんでしょう?」と聞く親に主治医は?

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

     ある日突然、脱毛部分に気がついて悩む人も多い病気「円形脱毛症」。大人だけにできる病気ではありません。子どもにもできます。自分の子どもが円形脱毛症になったとき、親は原因を知って取り除いてあげたいと思うことが多いのではないでしょうか。好評発売中の『心にしみる皮膚の話』の著者で、京都大学医学部特定准教授...

おすすめの記事おすすめの記事