大塚篤司〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大塚篤司

大塚篤司

大塚篤司

大塚篤司(おおつか・あつし)/1976年生まれ。千葉県出身。医師・医学博士。2003年信州大学医学部卒業。2012年チューリッヒ大学病院客員研究員を経て2017年より京都大学医学部特定准教授。皮膚科専門医。がん治療認定医。がん・アレルギーのわかりやすい解説をモットーとし、コラムニストとして医師・患者間の橋渡し活動を行っている。Twitterは@otsukaman

  • NEW

    目の周りが赤くはれる! 花粉症で起きる皮膚のトラブル、三つの原因とは

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

     花粉症に悩まされるシーズンです。くしゃみ、鼻水、目のかゆみなどさまざまな症状がありますが、目の周りが赤くはれる人も。京都大学医学部特定准教授で皮膚科医の大塚篤司医師が、花粉症で起きる皮膚のトラブルについて解説します。*  *  * 花粉症の患者さんが増えてきました。 私の皮膚科外来にはこの時期、ア...

  • 「ゴールはここじゃない」 治療を諦めかけていた患者を後押しした皮膚科医の言葉

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

     一般的に、患者は悪い状態に慣れてしまうと、そこから一歩先に進んで治療を受けようとする意思が弱くなりがちだといいます。「今の状態でいいかな」と諦めかけている患者に、京都大学医学部特定准教授で皮膚科医の大塚篤司医師は、「ゴールはここじゃない」と伝えたいそうです。*  *  * ラグビーワールドカップで...

  • 欧米人に読みづらい日本人の名前がついた病名 「いつか自分の名を」と意気込んだ皮膚科医の結末

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

    「将来、新しい皮膚病を発見して欧米人が発音しづらいような名前をつけてやろう!」と考えていた若き日の皮膚科医が、スイス留学中にその野望を打ち砕かれます。いったいなにがあったのか? 京都大学医学部特定准教授の大塚篤司医師が自身の経験を語ります。*  *  * 外国人の名前を覚えるのには時間がかかります。...

  • この冬は手洗いしすぎで「手荒れ」に悩む人が増加! 自分でできる対策を皮膚科医が指南

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

     新型コロナウイルス感染症の予防策として、手洗いが励行されています。しかし、この冬はそのためか、手荒れや手湿疹に悩む人が多いようです。京都大学医学部特定准教授で皮膚科医の大塚篤司医師が、自分でできる手荒れ対策について解説します。*  *  * 新型コロナウイルス感染症が拡大し、手洗いやアルコール消毒...

  • アトピー性皮膚炎の治療薬が続々と登場! 皮膚科医が期待の新薬を解説

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

     日本全国で45万人以上の患者がいるといわれているアトピー性皮膚炎。その治療薬が続々と承認されています。京都大学医学部特定准教授で皮膚科医の大塚篤司医師が、新薬の特徴について解説します。*  *  * 2021年はアトピー性皮膚炎(以下、アトピー)の新薬ラッシュとなりそうです。すでに18年にIL-4...

おすすめの記事おすすめの記事