大塚篤司

大塚篤司(おおつか・あつし)/1976年生まれ。千葉県出身。医師・医学博士。2003年信州大学医学部卒業。2012年チューリッヒ大学病院客員研究員、2017年京都大学医学部特定准教授を経て2021年より近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授。皮膚科専門医。アレルギー専門医。がん治療認定医。がん・アレルギーのわかりやすい解説をモットーとし、コラムニストとして医師・患者間の橋渡し活動を行っている。Twitterは@otsukaman

  • 年をとると、乾燥していなくても皮膚が「かゆく」なりやすいのはなぜ? 皮膚科医が解説

    年をとると、乾燥していなくても皮膚が「かゆく」なりやすいのはなぜ? 皮膚科医が解説

     寒い季節は皮膚が乾燥し、かゆくなることはありませんか? これが年をとると、乾燥していなくてもかゆみが出てくる病気があるといいます。近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が、かゆみのメカニズ

    dot.

    1/21

  • マスク着用で起きる皮膚トラブル 皮膚炎を起こした人の8割が「鼻の頭」という研究報告

    マスク着用で起きる皮膚トラブル 皮膚炎を起こした人の8割が「鼻の頭」という研究報告

     マスクの着用が日常化してすでに2年。ある研究では、感染予防対策で皮膚炎を起こした人の83.1%が鼻の頭に皮膚症状が起きました。近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が、マスクに伴う皮膚のト

    dot.

    1/7

  • コロナワクチン3回目接種前に知っておきたい皮膚の副反応 皮膚科医が解説

    コロナワクチン3回目接種前に知っておきたい皮膚の副反応 皮膚科医が解説

     多くの人が新型コロナウイルスのワクチン接種1、2回目を終え、次は3回目接種という状況になってきました。気になるのは、やはり副反応。近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が、3回目接種前に知

    dot.

    12/24

  • がん治療ですべての治療法を使い切ってしまったら…医師がすすめる選択肢とは?

    がん治療ですべての治療法を使い切ってしまったら…医師がすすめる選択肢とは?

     がんの治療法は、多くの研究からどういう順番で行うか決まっていて、ガイドラインと呼ばれる医師が用いる治療指針に記されています。では、それらの治療法をすべて使い切ってしまったら、どうなるのでしょうか? 

    dot.

    12/10

  • コーヒーやチョコで発症することも! 金属アレルギーで起きる皮膚のかぶれ、かゆみ

    コーヒーやチョコで発症することも! 金属アレルギーで起きる皮膚のかぶれ、かゆみ

     皮膚がかぶれたり、発疹ができたりしたとき、それは金属アレルギーによる可能性が考えられます。金属アレルギーは貴金属などの身につけるものだけとは限りません。体のかゆみや湿疹は、食材に含まれている金属が原

    dot.

    11/26

  • 大人になって新しくできた「ほくろ」は皮膚がんに注意 「いい皮膚」の日に知っておきたいサイン

    大人になって新しくできた「ほくろ」は皮膚がんに注意 「いい皮膚」の日に知っておきたいサイン

     皮膚に異常があれば、病気を疑って皮膚科を受診するものですが、自覚症状がない病気もあります。もっとも怖い皮膚の病気は、皮膚がんで多くは無症状です。近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が解説

    dot.

    11/12

  • 長時間のマスク着用はニキビのもと! マスクによって起こる皮膚炎と対策を医師が解説

    長時間のマスク着用はニキビのもと! マスクによって起こる皮膚炎と対策を医師が解説

     マスクをすることが当たり前になった日常生活。それによって皮膚疾患を発症する人もいるようです。マスクによって起こる皮膚炎と対策について、近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が解説します。*

    dot.

    10/29

  • 爪の変色で考えられる病気は? 白く濁る、緑色、黄色、黒色の線…皮膚科医が解説

    爪の変色で考えられる病気は? 白く濁る、緑色、黄色、黒色の線…皮膚科医が解説

     手足の指の先にある爪。この爪にも病気が発生することがあります。爪に黒色の線がある場合、悪性黒色腫というがんの可能性があります。爪の症状から考えられる病気について、近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の

    dot.

    10/15

  • モデルナアームは9割が女性 コロナワクチンで起きうる皮膚の副反応を皮膚科医が解説

    モデルナアームは9割が女性 コロナワクチンで起きうる皮膚の副反応を皮膚科医が解説

     コロナのワクチン接種が進むなか、副反応についての情報が国民の関心事となっています。世界中で報告された副反応の論文などから、近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が皮膚の副反応について解説し

    dot.

    10/1

  • なぜ年をとると肌がシワシワになるのか? シワができるメカニズムと予防法を皮膚科医が解説

    なぜ年をとると肌がシワシワになるのか? シワができるメカニズムと予防法を皮膚科医が解説

     年をとるごとに増えるシワ。わかっていても、この老化現象は遅らせたいものです。そもそも、なぜ年をとるとシワができるのか? そのメカニズムと予防法について、近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医

    dot.

    9/17

1 2 3 4 5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す