大塚篤司〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大塚篤司

このエントリーをはてなブックマークに追加
大塚篤司

大塚篤司

大塚篤司(おおつか・あつし)/1976年生まれ。千葉県出身。医師・医学博士。2003年信州大学医学部卒業。2012年チューリッヒ大学病院客員研究員を経て2017年より京都大学医学部特定准教授。皮膚科専門医。がん治療認定医。がん・アレルギーのわかりやすい解説をモットーとし、コラムニストとして医師・患者間の橋渡し活動を行っている。Twitterは@otsukaman

  • NEW

    「病気ばかり診て、人間を見ていない医者」現役医師もがっかりした現実とは?

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

     患者の病気を治したくて医者になったはずなのに、なぜ医者は患者を見ず、病気ばかり診てしまうのか。京都大学医学部特定准教授の大塚篤司医師は、以前はそんな医者の姿をとても嫌だと思っていたけれど、いまは注意しないと自分がそうなってしまうことに気がつきました。自身の体験をもとに語ります。*  *  *「病気...

  • 薬の副作用で皮膚がかゆくなる、赤いブツブツができる… 放置してはいけない重症化する症状は?

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

     薬の副作用はいろいろとありますが、その中で、皮膚に副作用がでることもあります。新しい薬に変えてから体がかゆくなった。赤いブツブツができた、と皮膚科を受診する患者もいるようです。好評発売中の『心にしみる皮膚の話』の著者で、京都大学医学部特定准教授の大塚篤司医師が、重症化する可能性がある皮膚の副作用の...

  • 「いんきんたむし」に似ている「皮膚がん」も! 皮膚科医が指摘する三つの見逃しやすいタイプとは?

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

     皮膚がんには、医師であっても専門の皮膚科医でなければ見逃しやすいタイプがあるといいます。好評発売中の『心にしみる皮膚の話』の著者で、京都大学医学部特定准教授の大塚篤司医師が、「皮膚がんとは思われないことが多い」皮膚悪性腫瘍を三つ紹介します。*  *  * 皮膚がんは早期発見、早期治療が大切です。皮...

  • 診察で皮膚科医が患者の「肌を触る」二つの理由とは?

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

     病院の診療科によって医師がおこなう診療行為はさまざまですが、皮膚を診る皮膚科では触診も重要な診断方法です。好評発売中の『心にしみる皮膚の話』の著者で、京都大学医学部特定准教授の大塚篤司医師が「肌を触る」理由を解説します。*  *  *「とにかく肌を触ること。触ってあげるように」 これは私の師匠であ...

  • 「医師に見放されちゃったんじゃないか?」と不安ながん患者 医師の耳の痛い現実とは?

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

     医師が丁寧に説明しても、診察室での限られた時間で、患者さんの不安をすべて取り除くことは難しいのかもしれません。それが、がん患者であれば、医師のささいな態度の変化にも敏感に反応してしまうことも珍しくないでしょう。好評発売中の『心にしみる皮膚の話』の著者で、京都大学医学部特定准教授の大塚篤司医師が、日...

おすすめの記事おすすめの記事