大塚篤司〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大塚篤司

このエントリーをはてなブックマークに追加
大塚篤司

大塚篤司

大塚篤司(おおつか・あつし)/1976年生まれ。千葉県出身。医師・医学博士。2003年信州大学医学部卒業。2012年チューリッヒ大学病院客員研究員を経て2017年より京都大学医学部特定准教授。皮膚科専門医。がん治療認定医。がん・アレルギーのわかりやすい解説をモットーとし、コラムニストとして医師・患者間の橋渡し活動を行っている。Twitterは@otsukaman

  • NEW

    ノーベル賞受賞のC型肝炎ウイルス 肝臓の病気なのに皮膚のブツブツで見つかるケースも

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

     今年のノーベル医学生理学賞を受賞したのは、C型肝炎ウイルスの発見に貢献した研究者でした。意外なことに、肝臓の病気であるC型肝炎は、皮膚に出るブツブツなどの症状から、その病気を疑われて見つかることがあるといいます。京都大学医学部特定准教授で皮膚科医の大塚篤司医師が解説します。*   *  ...

  • がん闘病中の赤い腫れ「どうしてこんな症状が出ているのか?」という問いに主治医は

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

     がんで闘病中の人は些細な体の変化にも不安を感じるものです。「どうしてこんな症状が出ているのか?」という問いに医師はどう対応するのか。『心にしみる皮膚の話』の著者で、京都大学医学部特定准教授の大塚篤司医師が、がん患者とのやりとりをもとに語ります。*   *  * 私は皮膚科医で皮膚がんを専...

  • 休まずに働き続ける医師に自分の命を預けられるか かつて休めなくなった医師の問い

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

     医師が病気になったり、体調を崩したりするのはおかしいと考える人がいます。しかし、医師も人間であり、しかも激務であればより体調を崩しやすいともいえます。『心にしみる皮膚の話』の著者で、京都大学医学部特定准教授の大塚篤司医師が医師の健康管理について語ります。*   *  * 私たち医者が風邪...

  • 「診察室だけでは患者を救えない」と考えた現役医師がとった解決策とは?

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

     医師が診察室の中で患者に適切な指導を行えたとしても、診察室の外で触れる誤った医療情報で体調が悪化してしまう患者さんはたくさんいます。そういった問題を解決すべく、京都大学医学部特定准教授の大塚篤司医師は昨年、同じ危機感を持つ医師たちと一般社団法人医療リテラシー研究所を設立しました。一般の人の医療リテ...

  • 医者が転勤するのは罰則なの? 現役医師が明かす「人事」の裏話

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

     教授に逆らった医者が罰則として転勤を命じられる――。テレビドラマで、よく描かれるシーンの一つです。実際、医者の人事はどのように決まっているのでしょうか? 京都大学医学部特定准教授の大塚篤司医師が、医者の転勤システムについて語ります。*   *  * 大学病院や総合病院に通院している患者さ...

おすすめの記事おすすめの記事