大塚篤司〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大塚篤司

大塚篤司

大塚篤司

大塚篤司(おおつか・あつし)/1976年生まれ。千葉県出身。医師・医学博士。2003年信州大学医学部卒業。2012年チューリッヒ大学病院客員研究員、2017年京都大学医学部特定准教授を経て2021年より近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授。皮膚科専門医。アレルギー専門医。がん治療認定医。がん・アレルギーのわかりやすい解説をモットーとし、コラムニストとして医師・患者間の橋渡し活動を行っている。Twitterは@otsukaman

  • NEW

    調理師免許を取った医師の末路 卵トロトロのオムライスを追い求めて……

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

    「あのオムライスを作りたい」。医学部生時代に、卵がトロトロのオムライスを食べて感動し、レストランで修業して調理師免許を取得。そんな変わった経歴を持つ近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師は、「研究は料理と似ている」と言います。なぜ、調理師免許を取るまでのめりこんだのか? 自身の過去を語りま...

  • 肌年齢を若く保つために必要な4つの習慣 皮膚科医が解説

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

     肌のはりやつやは、年齢とともに衰えていくもの……。実年齢に対して、肌が年相応の状態かどうかを測るために「肌年齢」という言葉が使われます。近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が、肌年齢を若く保つために必要な習慣について解説します。*  *  * 皮膚...

  • 「コロナワクチンにマイクロチップ」陰謀論になぜだまされてしまうのか? 心理を医師が解説

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

     インターネット上で展開されるさまざまな陰謀論。冷静に考えればうそとわかるはずなのに、信じてしまう人がいます。どうして単純な陰謀論に引っかかってしまうのでしょうか? 近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が、自身の経験をもとに解説します。*  *  * 新型コロナウイルスやワクチンに関して...

  • 「面倒くさいからお風呂に入らない」は皮膚の病気になる? 皮膚科医が驚いた珍しい病気

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

     コロナで在宅勤務が増え、人に会う機会や外出する機会が減ると、お風呂に入らなくてもいいかと考える人も多いようです。でも、それって皮膚にとってはよくないことなのでしょうか? 近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が、自身の経験をもとに解説します。*  *  * コロナによる緊急事態宣言が続く...

  • 新米教授が挑む大学医学部の「働き方改革」 理不尽を終わらせられるか?

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

     医師は過酷な労働状況を強いられがちな職種ですが、それは結果的に患者さんへ提供する医療の質にも悪影響をもたらします。大学医学部は教授をトップとした組織で、教授の方針次第で医局員の働き方を向上させることも可能です。この4月に近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授に着任したばかりの大塚篤司医師が、医局の働き...

おすすめの記事おすすめの記事