小倉エージ〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

小倉エージ

このエントリーをはてなブックマークに追加
小倉エージ

小倉エージ

小倉エージ(おぐら・えーじ)/1946年、神戸市生まれ。音楽評論家。洋邦問わずポピュラーミュージックに詳しい。69年URCレコードに勤務。音楽雑誌「ニュー・ミュージック・マガジン(現・ミュージックマガジン)」の創刊にも携わった。文化庁の芸術祭、芸術選奨の審査員を担当

  • NEW

    純情と官能が交錯するあいみょんの“第六感”

    知新音故 週刊朝日

     昨夏発売の「マリーゴールド」がロングヒット。テレビドラマ主題歌の「今夜このまま」もよく売れ、年末にはNHK紅白歌合戦に出場。今やお茶の間に広く知られるシンガー・ソングライター、あいみょんが今月、2作目のフルアルバム『瞬間的シックスセンス』を発表した。 1995年生まれ。出身は兵庫県西宮市。中学時代...

  • ブルース・スプリングスティーンが小劇場で語った希望と夢

    知新音故 週刊朝日

     ブルース・スプリングスティーンのブロードウェイでの公演は大絶賛された。会場は、座席数975という小規模なウォルター・カー劇場。ブロードウェイと言えばミュージカルの本場だが、彼の曲をミュージカル化したわけではなかった。単なるコンサートでもなかった。「私、ギター、ピアノ、そして言葉と音楽だけです」とブ...

  • 父はローウェル・ジョージ、名付け親はジャクソン・ブラウン…歌姫イナラはどんな声?

    知新音故 週刊朝日

     シンガー・ソングライター、イナラ・ジョージの最新作『ディアレスト・エヴリバディ』を紹介したい。彼女の歌声は清楚でぬくもりに満ち、聴く者をうっとりとさせる。日本での知名度はいまひとつだが、米ウェスト・コーストのロックやシンガー・ソングライターのファンの間では注目株だ。何しろ、リトル・フィートを率いた...

  • 元たま・柳原陽一郎が歌う自虐的な小唄が面白い!

    知新音故 週刊朝日

    “やなちゃん”こと柳原陽一郎(元たま)の5年ぶりのオリジナル・アルバム『小唄三昧』が実に痛快だ。フォーク、ロック、カントリー、ブギ・ブルースにアイリッシュ・ダンス・チューン。はたまた添田唖蝉坊(そえだ・あぜんぼう)風演歌にドドンパ歌謡など、多彩な音楽展開だ。 ユーモアやウィッ...

  • コンスパが示すトリプル・ギターの聴かせ方

    知新音故 週刊朝日

     鈴木慶一率いるControversial Spark(コントロヴァーシャル・スパーク)が活動を再開し、3年半ぶりにニュー・アルバム『After Intermission』を発表した。 鈴木慶一といえば、昨年、本コラムで紹介した高橋幸宏とのユニット、THE BEATNIKSの『EXITENTIALI...