小倉エージ〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小倉エージ

このエントリーをはてなブックマークに追加
小倉エージ

小倉エージ

小倉エージ(おぐら・えーじ)/1946年、神戸市生まれ。音楽評論家。洋邦問わずポピュラーミュージックに詳しい。69年URCレコードに勤務。音楽雑誌「ニュー・ミュージック・マガジン(現・ミュージックマガジン)」の創刊にも携わった。文化庁の芸術祭、芸術選奨の審査員を担当

  • NEW

    感情むき出しで絶唱するジャニス・ジョプリンが圧巻すぎる!

    知新音故 週刊朝日

     前々回のビートルズ、前回のジミヘンに続き、またまた50周年記念盤を採り上げたい。実際、1968年はロック史に残る名盤が数多く生まれた年だった。ザ・ローリング・ストーンズの『ベガーズ・バンケット』、ザ・ドアーズの『太陽を待ちながら』、ザ・キンクスの『ヴィレッジ・グリーン・プリザヴェイション・ソサエテ...

  • ロック史上最高のギタリスト“ジミヘン”の最高傑作の神髄を再確認!

    知新音故 週刊朝日

     前回の本欄で採り上げた『ザ・ビートルズ“ホワイト・アルバム”』<50周年記念エディション>と同様に、発売半世紀を機に新装されたザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスの『エレクトリック・レディランド 50周年記念盤』を紹介したい。“ホワイト・アルバム&rdqu...

  • “ホワイト・アルバム”当時のビートルズは結局不仲だったのか?

    知新音故 週刊朝日

     話題を呼んでいるザ・ビートルズの『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』の50周年記念エディションを聴いた。ジョージ・マーチンが手がけたオリジナルのステレオ・ミックスを、ジョージの息子でプロデューサーのジャイルズ・マーチンとエンジニアのサム・オケルが新たにリミックスしている。 驚いた。ヴォーカルや...

  • ときにグサリと胸を刺す! 浜田真理子が昭和歌謡でメジャー・デビュー

    知新音故 週刊朝日

     松江市を本拠に20年活動を続けてきたシンガー・ソングライター浜田真理子が、“浜田真理子の昭和歌謡”とサブ・タイトルのついたカヴァー・アルバム『LOUNGE ROSES』でメジャー・デビューをはたした。 1998年にインディーズから出したデビュー作『mariko』の最初のプレ...

  • 正座して聴け! 六文銭のプロテストソング集が持つ50年の重み

    知新音故 週刊朝日

     小室等が率いる六文銭のニュー・アルバム『自由』。思わず居ずまいを正して聴き入った。生ギター主体のフォーキーでシンプルな演奏とサウンド。個性的な4人のヴォーカル&コーラスのアンサンブルの妙に心を打たれた。 年輪を重ねて深みや味わいを増した小室の歌声。及川恒平の凛とした歌声からは思うままにキッパリと主...