小倉エージ〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小倉エージ

このエントリーをはてなブックマークに追加
小倉エージ

小倉エージ

小倉エージ(おぐら・えーじ)/1946年、神戸市生まれ。音楽評論家。洋邦問わずポピュラーミュージックに詳しい。69年URCレコードに勤務。音楽雑誌「ニュー・ミュージック・マガジン(現・ミュージックマガジン)」の創刊にも携わった。文化庁の芸術祭、芸術選奨の審査員を担当

  • NEW

    くるり、新作でくるりと原点回帰!?

    知新音故 週刊朝日

     くるりの4年ぶりのニュー・アルバム『ソングライン』に聞きほれた。親しみあふれるポップなメロディー。丹念で明快、甘さも加味された岸田繁のヴォーカルの説得力。ざっくりとしたギター・ロックにフォーキーなテイスト。歌とメロディーが際立つ、くるり的展開の王道だ。 くるりは1996年の結成。高校時代からの音楽...

  • スランプ脱出! レニー・クラヴィッツに“神”が降臨!?

    知新音故 週刊朝日

     レニー・クラヴィッツのニュー・アルバム『レイズ・ヴァイブレーション』に打ちのめされた。パワフルでダイナミック。直球勝負のファンク・ロック、ソウルフルなロックンロール、甘いラヴ・ソングを堪能させてくれる傑作だ。 レニー・クラヴィッツ(レナード・アルバート・クラヴィッツ)は1989年、サイケ調の『レッ...

  • 真心ブラザーズが聴かせる予定調和ではない“一発録り”のスリル

    知新音故 週刊朝日

     真心ブラザーズの16作目となる新譜『INNER VOICE』が実に痛快。全編ほぼ一発録りによるモノラル録音で、ガッツあふれる骨太なギター・ロックの醍醐味満載。愉快で味わい深い11曲が詰まっている。 大学時代、同じ音楽サークルの先輩と後輩だったYO―KINGこと倉持陽一と桜井秀俊がフォーク・コンテス...

  • “フォークの神様”岡林信康の幻のデビュー曲が“発禁”になった理由

    知新音故 週刊朝日

     岡林信康がデビュー50周年を記念する『森羅十二象』を発表した。岡林自身が選曲したセルフ・カヴァー・アルバムで、矢野顕子、坂崎幸之助、サンボマスター、山下洋輔らがゲスト参加。“フォークの神様”の半世紀をたどるベスト盤的な内容になっている。 シングル・デビューは1968年9月。...

  • ポール・マッカートニーの新作アルバムは“つまみ聴き”禁止!?

    知新音故 週刊朝日

     ポール・マッカートニーのニュー・アルバム『エジプト・ステーション』が発売された。スタジオ・アルバムとしては5年ぶり。ウイングス名義の作品を除き、リンダ・マッカートニーとの共演盤を含めれば18作目のソロ作となる。 今回、ポールがプロデュースを委ねたのはグレッグ・カースティン。アデルやベックのヒット作...