小倉エージ〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小倉エージ

このエントリーをはてなブックマークに追加
小倉エージ

小倉エージ

小倉エージ(おぐら・えーじ)/1946年、神戸市生まれ。音楽評論家。洋邦問わずポピュラーミュージックに詳しい。69年URCレコードに勤務。音楽雑誌「ニュー・ミュージック・マガジン(現・ミュージックマガジン)」の創刊にも携わった。文化庁の芸術祭、芸術選奨の審査員を担当

  • NEW

    湿った夏……aikoが見せた大人の魅力

    知新音故 週刊朝日

     デビュー20周年を迎えるaikoのニュー・アルバム『湿った夏の始まり』が“濃く”て“熱い”。 これまでのアルバムにも、『桜の木の下』(2000年)、『夏服』(01年)、『秋 そばにいるよ』(02年)、『May Dream』(16年)と、リリースする季節に合わせたタイトルが目立つ。 aikoはこう話...

  • 不仲説を払拭? ピート・タウンゼントとの友情で生まれたロジャー・ダルトリーの新作

    知新音故 週刊朝日

     ザ・フーのファンに朗報続々! 今春、50年前に収録された未発表ライヴ音源『ライヴ・アット・フィルモア・イースト 1968』、さらにピート・タウンゼントの『フー・ケイム・ファースト(45周年記念エディション)』が発売された。このほど、ロジャー・ダルトリーのニュー・アルバム『アズ・ロング・アズ・アイ・...

  • 3大ギタリストの一人、クルマいじってばかりいるジェフ・ベックの“限界”

    知新音故 週刊朝日

     エリック・クラプトン、ジミー・ペイジとともに“3大ギタリスト”と評されるジェフ・ベック。その生い立ちや半世紀に及ぶ音楽キャリアを集大成したドキュメンタリー映像作品『スティル・オン・ザ・ラン~ジェフ・ベック・ストーリー』には、ファンなら見逃せないエピソードが満載だ。 常に新たなことに取り組み続けてき...

  • 認知症も歌に! 高橋幸宏×鈴木慶一の化学反応が生んだ過激かつ大胆なアルバム

    知新音故 週刊朝日

     高橋幸宏と鈴木慶一のロック・ユニット、THE BEATNIKS(ザ・ビートニクス)の新作『EXITENTIALIST A XIE XIE』が凄い! 卓越した演奏技術、明快な音像の素晴らしさに打ちのめされた。収録曲の随所に2人が親しんできた音楽へのオマージュが織り込まれ、それを解き明かす楽しみもある...

  • 前野健太が新作で描く新時代の“歌謡曲”

    知新音故 週刊朝日

     マエケンこと前野健太が4年半ぶりに出したニュー・アルバム『サクラ』を手にして、「アレ?」と思った。カヴァーを飾る写真は3ピースのスーツ姿。ボブ・ディランを気取ったサングラスはなく、いつものモジャモジャ頭ではなくて、2ブロックの8・2分け。 中身を聴いて、ますます「アレレ?」。木管楽器のジャジーなA...