AERA dot. 5th anniversary

小倉エージ

このエントリーをはてなブックマークに追加
小倉エージ

小倉エージ

小倉エージ(おぐら・えーじ)/1946年、神戸市生まれ。音楽評論家。洋邦問わずポピュラーミュージックに詳しい。69年URCレコードに勤務。音楽雑誌「ニュー・ミュージック・マガジン(現・ミュージックマガジン)」の創刊にも携わった。文化庁の芸術祭、芸術選奨の審査員を担当

  • NEW

    「あらゆるドラッグに浸ってた」ストーンズ・メンバーが告白

    週刊朝日

     ザ・ローリング・ストーンズが名盤『スティッキー・フィンガーズ』の全曲をライヴで再現!なんて話を聞けば、いてもたってもいられない。 1971年発表の『スティッキー・フィンガーズ』は、『ベガーズ・バンケット』(68年)、『レット・イット・ブリード』(69年)、『メイン・ストリートのならず者』(72年)...

  • 松本隆+つんく♂+横山剣+……クミコのゴージャスな恋譜

    週刊朝日

     作詞家でありプロデューサーでもある松本隆が久々に全作詞・制作を手がけたクミコの新譜『デラシネ deracine』が注目を集めている。 クミコと言えば、2002年に「わが麗しき恋物語」が話題となった。10年には広島市の平和記念公園の「原爆の子の像」のモデル・佐々木禎子の甥の佐々木祐滋が作曲した「IN...

  • サザンと違う「桑田佳祐」の矜持

    週刊朝日

     桑田佳祐のソロ活動30周年を記念する『がらくた』に脱帽した。極上の最新型大衆歌謡アルバムだ。 サザンオールスターズの楽曲は、作詞、作曲、ヴォーカルのほとんどを桑田佳祐が担当していても、編曲の名義は「サザンオールスターズ」。あくまでもバンド・サウンドだ。今回のようにソロ名義となると、作品や音楽志向は...

  • ミックと喧嘩してでもキースが欲しがった伝説サックス奏者

    週刊朝日

     ボビー・キーズ。ロック・ファンならその名をご存じのはず。サックス奏者であり、ジョージ・ハリスン、エリック・クラプトン、ジョン・レノンらのアルバムに参加してきた。 中でもかかわりが深いのが、ザ・ローリング・ストーンズ。ストーンズの代表作のひとつ「ブラウン・シュガー」の間奏での豪快なサックス・ソロは、...

  • 生まれ変わった名盤 ボブ・マーリー『エクソダス40』のトリセツ

    週刊朝日

     ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズの『エクソダス40』に打ちのめされた。1977年に発表された名作『エクソダス』の40周年の記念盤。オリジナル盤(ディスク1)のほか、息子のジギー・マーリーがオリジナルを再構築した『エクソダス40』(ディスク2)、77年のロンドン公演を収録したライヴ盤(ディスク3)も...