小倉エージ〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小倉エージ

このエントリーをはてなブックマークに追加
小倉エージ

小倉エージ

小倉エージ(おぐら・えーじ)/1946年、神戸市生まれ。音楽評論家。洋邦問わずポピュラーミュージックに詳しい。69年URCレコードに勤務。音楽雑誌「ニュー・ミュージック・マガジン(現・ミュージックマガジン)」の創刊にも携わった。文化庁の芸術祭、芸術選奨の審査員を担当

  • NEW

    三浦大知の新譜『球体』をつくった仕事師とは…

    知新音故 週刊朝日

     三浦大知のニュー・アルバム『球体』に驚いた。ヒット曲を収録したアルバムとは違い、テーマ性のあるコンセプト・アルバムとなっている。作詞、作曲、編曲、プロデュースを手がけたNao’ymtこと矢的直明とのコラボ作だ。 全17曲がそれぞれ独立した曲であると同時に連鎖している。アルバムの冒頭と締めくくりには...

  • 保守的な音楽シーンに反旗を翻したウィリーとウェイロンとアルマジロ!?

    知新音故 週刊朝日

     ベトナム反戦やヒッピー運動を経た1970年代のアメリカには、“レッドネック・ロック”や“アウトロー・カントリー”と呼ばれたムーブメントがあった。長髪&カウボーイハット姿で一般的なポップス志向のカントリー・サウンドに「NO!」と言い、独自の自由なカントリー・ミュージックをアピールした一群だ。その時代...

  • 奇才バカリズムと女優たちがあやしく絡む“SRATM”の新作

    知新音故 週刊朝日

     DJでトラック・メーカー。ギターやピアノでなくラップトップパソコンを楽器として操るテイ・トウワの変名プロジェクト、Sweet Robots Against The Machine、略してSRATMが16年ぶりに復活した。新作『3』を発表した。 メンバーはテイのほか、2人。1人は、SRTAMのファー...

  • 笹倉慎介と森は生きているが融合した“必然のサウンド”

    知新音故 週刊朝日

     シンガー・ソングライターの笹倉慎介が新たに結成したOLD DAYS TAILOR(オールド・デイズ・テーラー)のファースト・アルバムが心地いい。1970年代のシンガー・ソングライターや日本語のロックをルーツにした、ナチュラルでアコースティックなサウンド。笹倉の弾き語りに寄り添う演奏が、懐かしさや爽...

  • 宇多田ヒカルは半分、青い。新作『初恋』はデビュー作『First Love』とどう違う?

    知新音故 週刊朝日

     今年デビュー20周年を迎える宇多田ヒカルの7枚目のオリジナル・アルバム『初恋』が発売1週目で20万枚超の売り上げを記録し、アルバム・チャートで初登場1位となった。前作『Fantome』から1年9カ月。どれだけ多くのファンが新作の登場を待ちわびていたかを物語る。 それにしても『初恋』というタイトルに...