小倉エージ〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小倉エージ

このエントリーをはてなブックマークに追加
小倉エージ

小倉エージ

小倉エージ(おぐら・えーじ)/1946年、神戸市生まれ。音楽評論家。洋邦問わずポピュラーミュージックに詳しい。69年URCレコードに勤務。音楽雑誌「ニュー・ミュージック・マガジン(現・ミュージックマガジン)」の創刊にも携わった。文化庁の芸術祭、芸術選奨の審査員を担当

  • NEW

    デビュー15周年 新しい木村カエラの誕生だ!

    知新音故 週刊朝日

     口にくわえた真っ赤なイチゴを押し付けた鏡には、滴り落ちる果汁の跡。木村カエラのニュー・アルバム『いちご』のカヴァー写真には思わずドキリとする。 『いちご』はデビューから15周年を迎えた木村の10枚目のオリジナル・アルバムであり、表題は15周年の“1”と“5&rd...

  • ブルース知らずとも楽しめる痛快作

    知新音故 週刊朝日

     ザ・クロマニヨンズの甲本ヒロトと憂歌団の内田勘太郎によるユニット、ブギ連のデビュー・アルバム『ブギ連』が抜群に面白い。カヴァーでもコピーでもなく、オリジナルのブルースに取り組んだものだ。 ザ・ブルーハーツ、ザ・ハイロウズを経てザ・クロマニヨンズで活動中の甲本は、スリムな体つきからは想像できないエネ...

  • 歌手・パフォーマーとしての変容と成長ぶり示す 宇多田20周年ツアー収録映像

    知新音故 週刊朝日

     昨年、デビュー20周年を迎え『初恋』を発表した宇多田ヒカル。これにあわせた12年ぶりの国内ツアー『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018』の模様を収録した同名の映像作品が発表された。 2018年11月6日横浜をはじめ全国6カ所で開催された公演のうち、...

  • “半歩”先ゆくマドンナ ポップスに織り込む明確な意思

    知新音故 週刊朝日

     マドンナが4年ぶりにニュー・アルバム『マダム X』を発表した。タイトルは、マドンナが10代の頃にダンスを師事したマーサ・グレアムに命名されたニック・ネーム。学校では常にイメージ、アイデンティティーを改めていたマドンナは、マーサにとってミステリアスな存在だったことに由来するという。 本作のテーマは&...

  • デビュー半世紀 サンタナは今もエネルギー全開!

    知新音故 週刊朝日

     半世紀前、ウッドストックのロック・フェスティヴァルに出演し、デビュー・アルバム『サンタナ』で聴く者たちに衝撃を与えた。そんな語り継がれるバンドが、アニヴァーサリー・イヤーの今年6月、『アフリカ・スピークス』を発表した。テーマはずばり“アフリカ”だ。 「サンタナ」のリーダー、...