野上祐〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

野上祐

このエントリーをはてなブックマークに追加
野上祐

野上祐

野上祐(のがみ・ゆう)/1972年生まれ。96年に朝日新聞に入り、仙台支局、沼津支局、名古屋社会部を経て政治部に。福島総局で次長(デスク)として働いていた2016年1月、がんの疑いを指摘され、翌月手術。現在は闘病中

  • NEW

    家族が突然がんに… 言われて辛かった言葉とは? 難治がん記者の配偶者が明かす

    書かずに死ねるか――「難治がん」と闘う記者 dot.

     家族が突然がんと診断されたら、私たちはどうすればいいのだろう。冷静でいられるだろうか。 難治がんといわれる膵臓がんと闘った新聞記者・野上祐さんの著書『書かずに死ねるか――難治がんの記者がそれでも伝えたいこと』には、野上さんの“配偶者”による手記が収められている。家族として全...

  • がんの家族を持つということ… 難治がん記者の「配偶者」が明かす闘病の現実

    書かずに死ねるか――「難治がん」と闘う記者 dot.

    “難治がんの記者”こと野上祐さんには、伝えたいことがたくさんあった。病床から見た政治、社会問題に現役記者としてするどいまなざしを向け、病についても真正面からつづっていく。「人生の危機への参考書になれば」という想いを込めて2017年9月からつづけていた連載コラムが、『書かずに死...

  • 難治がんの野上祐記者偲ぶ会 漫画家宮川サトシ「書き続ける大切さを教えてくれた」

    書かずに死ねるか――「難治がん」と闘う記者 週刊朝日

     AERA dot.でコラム「書かずに死ねるか」を連載していた故・野上祐(のがみゆう)さんの偲ぶ会が3月9日、東京都千代田区の日本プレスセンタービルであった。友人や報道・出版関係者、政治家ら約300人が集まった。 野上さんは朝日新聞政治部の記者で、膵臓(すいぞう)がんを患い、2018年12月28日に...

  • 難治がんの記者が最後に贈る「悩みへのちょっとした対処法」

    書かずに死ねるか――「難治がん」と闘う記者 dot.

     AERAdot.で毎週土曜日に配信していた連載「書かずに死ねるか」の筆者である朝日新聞政治部記者・野上祐さんが12月28日午後4時24分、入院先の病院で亡くなりました。 12月初旬から重篤な肺炎を患い、いったんは持ち直していましたが、26日に感染症が見つかり、容体が悪化していました。葬儀はご家族の...

  • 難治がんの記者が大事にするコラム執筆の3つの流儀

    書かずに死ねるか――「難治がん」と闘う記者 dot.

     うまくいかなかった2度の手術。「もう完全に治ることはない」と医師は言った。「1年後の生存率1割」を覚悟して始まったがん患者の暮らしは3年目。46歳の今、思うことは……。2016年にがんの疑いを指摘された朝日新聞の野上祐記者の連載「書かずに死ねるか」。今回は、「執筆の流儀...

おすすめの記事おすすめの記事