平昌五輪特集

AERA dot.

野上祐

このエントリーをはてなブックマークに追加
野上祐

野上祐

野上祐(のがみ・ゆう)/1972年生まれ。96年に朝日新聞に入り、仙台支局、沼津支局、名古屋社会部を経て政治部に。福島総局で次長(デスク)として働いていた一昨年1月、がんの疑いを指摘され、翌月手術。現在は抗がん剤治療を受けるなど、闘病中

  • NEW

    「難治がん」の記者が問う「がんよ、私のなにを変えられた?」

    書かずに死ねるか――「難治がん」と闘う記者 dot.

     働き盛りの45歳男性。がんの疑いを指摘された朝日新聞記者の野上祐さんは、手術後、厳しい結果を医師から告げられる。抗がん剤治療を受けながら闘病中。*  *  * 自分が本を警戒しはじめていることに気づいたのは、去年の夏だ。 たまたま立ち寄った本屋で、平積みにされた山田風太郎の随筆集『半身棺桶』(ちく...

  • 「難治がん」の記者 スクープをめぐる「ほっけの開き」という言葉がかたちづくるもの

    書かずに死ねるか――「難治がん」と闘う記者 dot.

     働き盛りの45歳男性。がんの疑いを指摘された朝日新聞記者の野上祐さんは、手術後、厳しい結果を医師から告げられる。抗がん剤治療を受けながら闘病中。*  *  * 前回のコラムに添えられた夫婦の写真は、担当者が過去に使われた写真の中から探してくれた。 中国の人権活動家で夫の劉暁波(リウ・シアオポー)さ...

  • 「難治がん」の記者 気がかりは配偶者のこと。目に浮かぶのは、笑顔の写真

    書かずに死ねるか――「難治がん」と闘う記者 dot.

     働き盛りの45歳男性。がんの疑いを指摘された朝日新聞記者の野上祐さんは、手術後、厳しい結果を医師から告げられる。抗がん剤治療を受けながら闘病中。*  *  *「ありがとうございます」というお礼に、思いのほか熱がこもった。一昨年の秋、主治医に別の大学病院で手術に挑むことを告げ、「うまくいくように願っ...

  • 「難治がん」の記者 時々訪ねてくる父とがんで亡くなった母のこと

    書かずに死ねるか――「難治がん」と闘う記者 dot.

     働き盛りの45歳男性。がんの疑いを指摘された朝日新聞記者の野上祐さんは、手術後、厳しい結果を医師から告げられる。抗がん剤治療を受けながら闘病中。*  *  * 点滴のために退院翌日から2週間、毎日続いていた通院も、ようやく終わった。このあとはまた10日にいっぺんのペースに戻ることになる。体力を使わ...

  • 「難治がん」の記者が“うまい”に感じる切実な思い 心に残る「ひっかき傷」とは?

    書かずに死ねるか――「難治がん」と闘う記者 dot.

     働き盛りの45歳男性。がんの疑いを指摘された朝日新聞記者の野上祐さんは、手術後、厳しい結果を医師から告げられる。抗がん剤治療を受けながら闘病中。*  *  * 10日に都内の病院を退院してから、そば屋めぐりをしている。通院帰りなどに吐き気や疲れがひどくなければ、ネットで評判のいい店を調べて足を運ぶ...