野上祐〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

野上祐

このエントリーをはてなブックマークに追加
野上祐

野上祐

野上祐(のがみ・ゆう)/1972年生まれ。96年に朝日新聞に入り、仙台支局、沼津支局、名古屋社会部を経て政治部に。福島総局で次長(デスク)として働いていた一昨年1月、がんの疑いを指摘され、翌月手術。現在は抗がん剤治療を受けるなど、闘病中

  • NEW

    自分の涙声で気づく…難治がんの記者が「人には憐れみがある」を実感した夜

    書かずに死ねるか――「難治がん」と闘う記者 dot.

     うまくいかなかった2度の手術。「もう完全に治ることはない」と医師は言った。「1年後の生存率1割」を覚悟して始まったがん患者の暮らしは3年目。46歳の今、思うことは……。2016年にがんの疑いを指摘された朝日新聞の野上祐記者の連載「書かずに死ねるか」。今回は「むすんでひらいて」。*  *  *「でき...

  • 「野上は目が細い。」記者面接での男子学生の文章から見えた「記者」という仕事 難治がんの記者が振り返る

    書かずに死ねるか――「難治がん」と闘う記者 dot.

     うまくいかなかった2度の手術。「もう完全に治ることはない」と医師は言った。「1年後の生存率1割」を覚悟して始まったがん患者の暮らしは3年目。46歳の今、思うことは……。2016年にがんの疑いを指摘された朝日新聞の野上祐記者の連載「書かずに死ねるか」。今回は「記者の目」について。*  *  * あれ...

  • 監視社会の中国では忘れ物がちゃんと見つかる? 難治がんの記者が感じた「自由」の意味

    書かずに死ねるか――「難治がん」と闘う記者 dot.

     うまくいかなかった2度の手術。「もう完全に治ることはない」と医師は言った。「1年後の生存率1割」を覚悟して始まったがん患者の暮らしは3年目。46歳の今、思うことは……。2016年にがんの疑いを指摘された朝日新聞の野上祐記者の連載「書かずに死ねるか」。今回は「忘れ物」と「言論の自由」について。 * ...

  • “言葉”から見えた政治家の「本気」と「持ち時間」 難治がんになった政治記者の視点

    書かずに死ねるか――「難治がん」と闘う記者 dot.

     うまくいかなかった2度の手術。「もう完全に治ることはない」と医師は言った。「1年後の生存率1割」を覚悟して始まったがん患者の暮らしは3年目。45歳の今、思うことは……。2016年にがんの疑いを指摘された朝日新聞の野上祐記者の連載「書かずに死ねるか」。今回は政治家の「必死さ」について。 *  *  ...

  • 「難治がん」の記者 無信心の私が「宗教の存在が無意味ではない」と思う理由

    書かずに死ねるか――「難治がん」と闘う記者 dot.

     うまくいかなかった2度の手術。「もう完全に治ることはない」と医師は言った。「1年後の生存率1割」を覚悟して始まったがん患者の暮らしは3年目。45歳の今、思うことは……。2016年にがんの疑いを指摘された朝日新聞の野上祐記者の連載「書かずに死ねるか」。今回は宗教について。 *  *  * 駅のホーム...