諸河久〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

諸河久

諸河久

諸河久

諸河 久(もろかわ・ひさし)/1947年生まれ。東京都出身。カメラマン。日本大学経済学部、東京写真専門学院(現・東京ビジュアルアーツ)卒業。鉄道雑誌のスタッフを経てフリーカメラマンに。「諸河 久フォト・オフィス」を主宰。公益社団法人「日本写真家協会」会員、「桜門鉄遊会」代表幹事。著書に「オリエント・エクスプレス」(保育社)、「都電の消えた街」(大正出版)「モノクロームの東京都電」(イカロス出版)など多数

  • NEW

    西の単車天国「神戸」を走る50年以上前の路面電車 街に溶け込んだアメリカンスタイル!

    路面電車がみつめた50年前のTOKYO AERA

     1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。今回も引き続き「単車」と呼ばれた四輪で走る路面電車の話題だ。筆者は1960年代後半の学生時代、高価だったカラーポジフィルムを携行して各...

  • 54年前の風情ある「横浜」駅前を走る路面電車 「単車天国」の函館と岐阜の光景も

    路面電車がみつめた50年前のTOKYO AERA

     1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。今回は特別編として、前回に引き続き「単車」と呼ばれた四輪で走る路面電車の話題だ。*  *  * 筆者は1960年代後半の学生時代、高価...

  • オートバイではない路面電車の「単車」 京都の美しい街に溶け込んだそのデザインとは?

    路面電車がみつめた50年前のTOKYO AERA

     1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。今回から特別編で、「単車」と呼ばれた四輪で走る路面電車の話題だ。*  *  * 「単車」といってもオートバイのことではない。...

  • 隅田川で最後まで残った57年前「佃島」の渡し船 知られざるその船内の光景とは?

    路面電車がみつめた50年前のTOKYO AERA

     1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。今回は、隅田川最後の渡し船となった「佃島渡船」(つくだじまわたしぶね)と月島の都電を回顧した。*  *  * 幸いなことに長く続いてい...

  • あまりにも狭いところを走る58年前「上野」の都電は昭和の情緒にあふれていた!

    路面電車がみつめた50年前のTOKYO AERA

     1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。2年前の連載で上野不忍池の弁天堂を取り上げたが、今回は不忍池の池畔を走った通称「池之端の専用軌道」を辿ってみた。*  *  *「花は上...

おすすめの記事おすすめの記事