諸河久〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

諸河久

このエントリーをはてなブックマークに追加
諸河久

諸河久

諸河 久(もろかわ・ひさし)/1947年生まれ。東京都出身。カメラマン。日本大学経済学部、東京写真専門学院(現・東京ビジュアルアーツ)卒業。鉄道雑誌のスタッフを経てフリーカメラマンに。「諸河 久フォト・オフィス」を主宰。公益社団法人「日本写真家協会」会員、「桜門鉄遊会」代表幹事。著書に「オリエント・エクスプレス」(保育社)、「都電の消えた街」(大正出版)「モノクロームの東京都電」(イカロス出版)など多数

  • NEW

    日本で最初に路面電車「ワンマンカー」が走った、東京でも大阪でもない意外な場所とは?

    路面電車がみつめた50年前のTOKYO AERA

     1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。今回は路面電車では定番となった「ワンマン運転」のルーツをたどってみた。*  *  * 現代では路面電車のワンマン運転は定番になっている...

  • いまは首都高の高架が塞ぐ、55年前「護国寺」の空 都電の街からの激変ぶり

    路面電車がみつめた50年前のTOKYO AERA

     1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。今回は文京区・護国寺から小篠坂(こざさざか)を上り池袋駅前に向かう都電だ。*  *  * 本に関わる仕事をしたことがある人なら、「護国...

  • 品川区にあるのに「目黒駅」 都電が支えた55年前の駅前とその変貌ぶり

    路面電車がみつめた50年前のTOKYO AERA

     1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。今回は目黒駅前から日吉坂を巡る都電だ。*  *  * 駅の立地が、本来計画されていた場所と異なるというのは、意外とよくあることだ。 実...

  • 世界的な不況下で生まれた鉄道や自動車「流線形」デザイン 東京、大阪、仙台を走った路面電車

    路面電車がみつめた50年前のTOKYO AERA

     1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。今回は1930年代に世界的流行となった「流線形」に呼応して、各地に出現した流線形路面電車の話題だ。*  *  * 4月7日の前例なき緊...

  • 「神田川」を渡る57年前の都電 サンシャインシティも望める現在の変貌ぶりとは?

    路面電車がみつめた50年前のTOKYO AERA

     1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。今回は、神田川を渡る高戸橋と鬼子母神前を走る都電だ。*  *  * 往年の早稲田停留所から32系統荒川車庫行きに乗車すると、古い家並を...

おすすめの記事おすすめの記事