小林美希〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小林美希

このエントリーをはてなブックマークに追加
小林美希

小林美希

小林美希(こばやし・みき)/1975年茨城県生まれ。神戸大学法学部卒業後、株式新聞社、毎日新聞社『エコノミスト』編集部記者を経て、2007年よりフリーのジャーナリスト。2013年、「『子供を産ませない社会』の構造とマタニティハラスメントに関する一連の報道」で貧困ジャーナリズム賞受賞。近著に『ルポ 保育格差』(岩波新書)

  • NEW

    保育園で栄養士が足りない 30代女性の苦悩「年中無休、元旦出勤でも年収300万円」

    ルポ・ハラスメント職場 dot.

    「栄養士としての仕事だけできる求人などめったにない」 都内の認可保育所で働く加藤明日香さん(仮名、30代)は、あきらめ顔だ。待機児童解消のため保育士の処遇改善は進むが、子どもの食を支える栄養士の処遇については、まるで光は当たっていない。 明日香さんは社会福祉法人の大手に就職した。保育所で子ども向けの...

  • 結愛ちゃん虐待死事件で両親起訴 児童相談所は保育園に連れて行くべきだった

    ルポ・ハラスメント職場 dot.

     東京目黒区の船戸結愛ちゃん(5)が虐待を受けて死亡した事件で27日、東京地検は保護責任者遺棄致死の罪で父親の船戸雄大容疑者(33)と母親の優里容疑者(26)を起訴した。幼い子どもを守るためには、どのような対策が必要なのか。ジャーナリストの小林美希氏が緊急提言をする。* * *「あしたはできるように...

  • “新人”保育士が園長をやらされた挙げ句、ウツで退職 横行する保育園でのパワハラ

    ルポ・ハラスメント職場 dot.

    「会社は素人。何ひとつ分かってもらえず、パワハラでうつになった」 都心に新規開設された認可保育所で働いていた星野美香さん(仮名、40歳)は、パワーハラスメントを受けてうつ状態に陥り、わずか半年で職場を去った。 もともと幼稚園教諭だった美香さんは、20代前半のうちに結婚し出産。子育てに専念するため専業...

  • 切迫流産でも「夜勤から逃げられない」 36歳看護師のマタハラ実録

    ルポ・ハラスメント職場 dot.

    「妊娠の順番制は看護師も同じ。妊娠中でも夜勤から逃げられない分、もっと過酷かもしれない」 東海地方の病院で働く芦屋恭子さん(仮名、36歳)はため息をつく。人手不足のなかで夜勤をこなし、切迫流産(流産しかかる状態)になりながらも「なんとかここまできた」と、産前休業に入って安堵(あんど)している。 結婚...

  • 「妊娠順番制」を破った30代女性保育士が受けた仕打ち

    ルポ・ハラスメント職場 dot.

    「フライングしてしまい、お腹が大きくなるのを必死に隠していました」 都内で保育士として働く松野裕子さん(仮名、30代後半)は、自身が受けた“妊娠の順番“について語り始めた。 裕子さんの勤務先は社会福祉法人が運営する認可保育所だが、年収は300万円を超える程度の低賃金で、サービス残業が多いことから保育...