平昌五輪特集

AERA dot.

上昌広

このエントリーをはてなブックマークに追加
上昌広

上昌広

上昌広(かみ・まさひろ)/1968年生まれ。特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所理事長。医師。東京大学医学部卒。虎の門病院や国立がんセンター中央病院で臨床研究に従事。2005年東京大学医科学研究所で探索医療ヒューマンネットワークシステムを主宰。16年から現職。著書に『病院は東京から破綻する』(朝日新聞出版)など

  • NEW

    「がんで死ぬのが最高の死にかた」なのはなぜか? パターナリズム医療の終焉

    メディカルインサイト dot.

     自分や家族に医療が必要になったとき、望ましい医療を受けるには、患者自身が賢くなるほかない。患者のニーズは多様になり、医師も多様化している。現役の医師であり、東京大学医科学研究所を経て医療ガバナンス研究所を主宰する上昌広氏は、著書『病院は東京から破綻する』で、終末期のニーズについて提言している。* ...

  • 密室で決まる大学病院の教授人事 「相応しい人物」が選ばれない理由とは?

    メディカルインサイト dot.

     東京を中心に首都圏には多くの医学部があるにもかかわらず、医師不足が続いている。そのような中、現役の医師であり、東京大学医科学研究所を経て医療ガバナンス研究所を主宰する上昌広氏は、著書『病院は東京から破綻する』で、教授会の人事について提言する。*  *  * 医局では教授に権限が集中します。誰に手術...

  • 国が推進する「総合診療医」を、現役医師がオススメしない理由

    メディカルインサイト dot.

     東京を中心に首都圏には多くの医学部があるにもかかわらず、医師不足が続いている。そのような中、現役の医師であり、東京大学医科学研究所を経て医療ガバナンス研究所を主宰する上昌広氏は、著書『病院は東京から破綻する』で、医学生にも人気の「総合診療医」について解説している。*  *  * 近年、厚生労働省は...

  • 『がんと闘うな』で賛否の近藤誠医師を信じるべきか 医師の見解は?

    メディカルインサイト dot.

     東京を中心に首都圏には多くの医学部があるにもかかわらず、医師不足が続いている。そのような中、現役の医師であり、東京大学医科学研究所を経て医療ガバナンス研究所を主宰する上昌広氏は、著書『病院は東京から破綻する』で、医療におけるエビデンスについて解説する*  *  * 自分や家族に医療が必要になったと...

  • いい医師は患者とLINEやFacebookでつながる!? ICTを駆使した信頼関係の必要性とは 

    メディカルインサイト dot.

     東京を中心に首都圏には多くの医学部があるにもかかわらず、医師不足が続いている。そのような中、現役の医師であり、東京大学医科学研究所を経て医療ガバナンス研究所を主宰する上昌広氏は、著書『病院は東京から破綻する』で、前回に続いて「主治医の条件」について持論を展開する。* * *■主治医の条件「コミュニ...